ひざがラクする優しいシューズ。YOUDO

スポーツ科学と医学、
その融合から生まれた
日本人のひざへの思いやり。

元気よく歩くこと。
それは健康的な暮らしを楽しむうえで、
いちばんの基本です。
けれど年齢を重ねるにつれてひざに不安を感じる方が多くなり、長く歩くことが負担になりがち。
そこでミズノは、アスリートたちの足元を支えてきたシューズ開発の技術に、
医学の専門家による高度な知見をプラスして、日本人の歩行メカニズムにあわせた機能を実現。
それが、ひざへの負荷を軽減するウォーキングシューズ<YOUDO ユウドウ>です。


MOVIE

ひざを優しく導く(ウォーキングシューズ)

ひざを優しく導く(ウォーキングシューズ)

B1GW1900□□

B1GW190009
09ブラック
B1GW190056
56ブロンズ
B1GW190062
62レッド

ご購入はこちら

本体価格 ¥18,000 + 税 ○甲材 天然皮革 ○底材 合成底 ○質量約 270g(23.5cm片方) ○サイズ 21.5-24.5cm
内甲側ファスナー付 / ひざ優導ソール / クッションホール

ひざに悩みをもつ人は、なんと3,000万人※。
日本人女性の約9割がひざの内側に負荷が偏り
やすいと言われています。

<YOUDOユウドウ>の共同開発者である新潟医療福祉大学医学博士の大森豪先生は、長年にわたって日本人のひざを研究してきた専門家。大森先生によると、日本人女性の約9割はひざの内側に負荷が偏りやすい骨格をしており、内側の関節軟骨がすり減ることで骨と骨がぶつかり負担がかかるのだそうです。

※2008年厚生労働省データによる

正常な状態

関節軟骨 大腿骨

さらに歩行時には、ひざにかかる衝撃は体重のなんと約1.5〜2倍。いつまでも元気に歩くためには、ひざの
内側に偏った負荷を軽減し、衝撃を吸収することが大切なのです。

初期〜中期

関節軟骨がすり減り間隔がせまくなる

進行期

関節軟骨がすり減り軟骨下骨(土台の骨)が直接ぶつかる 骨棘形成(骨のとげができる)
※監修:新潟医療福祉大学 医学博士 大森豪教授 ※イラストはイメージです

ひざ優導ソール

特許取得 第6353479号
新設計歩行時のひざの内側への負荷を軽減する
U4ic SR Touch クッションホール
1U4ic

軽量なミッドソール素材を採用

2SR Touch

やわらかく沈み込む高クッション性
を誇る素材を内側にプラス

3クッションホール

踏み込み時に変形することで
足底を内側へ傾斜

ひざに優しいポイント
  • 1ひざへの衝撃を軽減する3層構造のソール
  • 2歩行時に、自然と内側へ体重を移動

健康の基本となる歩行を、だれもがより長く続けられるように。
ミズノは大森豪先生監修のもと、ひざに負担がかかるメカニズムを軽減するシューズの開発をスタート。
5年もの開発期間を経てついに完成したのが3層構造の「ひざ優導ソール」です。
軽量な、高弾力素材、底面の<クッションホール>を組み合わせて、
衝撃を吸収し、歩行時の体重を内側へ自然と誘導します。
このソール構造でひざへの負担の偏りを少なくし、
優れた衝撃吸収を実現したのです。

通常歩行時 外側へ体重がかかりひざへ負担が生じる 偏った負担が軽減 YOUDO着用 内側へ体重移動させることで負担を軽減


日本人の膝を研究して着目した、膝の内側への負担軽減の重要性。大森豪教授 新潟医療福祉大学 医学博士 日本整形外科学会専門医 日本体育協会認定スポーツドクター アルビレックス新潟FCチームドクター

1979年から新潟県で実施されてきた「松代ひざ健診」。この40年にもわたる長期的な調査に参加することで日本人のひざ、そのメカニズムを研究してきました。この成果をもとに<YOUDO>の開発にあたっては「ひざの内側にかかる負担を減らす」ことをミズノに提案しました。

そもそもひざへの負担は、軟骨というクッションが受けとめています。しかし多くの日本人のひざは内側に負担がかかりやすい構造で、内側の軟骨がすり減りやすくなっているのです。これにより骨と骨がぶつかるため、ひざの内側にかかる負担をいかに減らすかが重要です。とくに近年は健康運動としてウォーキングが盛んですが、歩くことはひざへの負担を増やすことでもあります。

こうした、われわれ医学者の知見にミズノの技術やノウハウを融合して完成したのが、この新しいシューズなのです。シューズの衝撃吸収性が8%向上。ひざの内側にかかる力が4%減る。これらは小さな数字に見えるかもしれませんが、歩行時のひざには体重の約1.5倍から2倍の負担がかかります。しかも一歩ごとの効果だと考えれば、結果として大きな負担軽減につながるのです。

実証① シューズの衝撃吸収性が8%向上! 実証② ひざの内側にかかる力が軽減!
※ミズノ㈱調べ 新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター実施(2017年)外部被験者10名
衝撃を吸収し体重を自然と誘導する。その構造を5年の歳月をかけて開発。ミズノ株式会社グローバルフットウエアプロダクト本部 八幡健太郎

40年以上もひざの研究を続けてこられた大森先生から最初にいただいたアドバイスは「ひざの内側にかかる力を減らす」というものでした。 ここから数多くのサンプルを試作し、5年の歳月をかけて<YOUDO>は完成しました。

最大の特長はというミッドソールですが、クッション性の高い素材を使用することで着地時の衝撃を吸収。そのうえで、この素材を内側に多く配分し、着地後の体重が自然と内側に誘導される形状を開発しました。アウトソールに設けられた3つのホールも、この機能を高めるためです。こうした構造によりひざへの衝撃を吸収し、ひざの内外のバランスを整える機能を実現できたわけです。


LINE UP / 2019 AUTUMN & WINTER

天然レザーの上質感に、ファッション感覚もプラス。

Red 気持ちまで華やぐ明るいカラーで、今日も元気いっぱいにウォーキング。 Black どんなボトムカラーにもあわせやすく、エレガントも
感じさせる深い色調。 Bronze 落ち着いた大人っぽい雰囲気の足元に、アクセントを演出する光沢感。

B1GW1900□□

ご購入はこちら

本体価格 ¥18,000 + 税 ○甲材 天然皮革 ○底材 合成底 ○質量約 270g(23.5cm片方) ○サイズ 21.5-24.5cm
内甲側ファスナー付 / ひざ優導ソール / クッションホール