MIZUNO

WALKING

今日は東京駅の八重洲地下街にあるミズノウエルネスショップ八重洲店で教室をします。
今回の出張では早朝どこも歩いていないので、今日は近くでもあり時間的にも余裕があるので、新橋駅で下車し銀座を抜け有楽町からJR高架下を通って東京駅へと歩きました。
ブランドショップがずらり並ぶ銀座の街も早朝は静かです。

有楽町辺りのJR高架下の道も好きなところです。


東京駅はいつ見ても存在感がありますね。

9月は台風の影響で天候の定まらない日が続きましたが、このシルバーウイークの期間は天気もよく今日の皇居での教室開催も安心して出来そうです。

八重洲店に集合後は、丸の内を抜け皇居外苑から皇居に向います。
都会でこんなに環境のいい所は日本では他にはないですね。

皇居内は人も多そうなので、手前にあるパレスホテル横の和田倉噴水公園でナンバ歩き教室をすることにします。
参加頂いた皆さんです。

今日は昨日の吉祥寺に続き2日連続で参加頂いた方もおられます。
一日で終わるのは惜しいですねとおっしゃりまた参加いただきました、嬉しいですね!
吉祥寺を歩いていてたまたまショップ前で告知ポスターを見て申し込んで頂いたそうです。
まだ私より一回り以上も若そうな女性の方ですが、既に子供さんたちも独立し、これからの人生を楽しむ為にももっと体力もつけ色んなところを歩きたいとの思いをお持ちです。
わざわざ練馬から参加下さいました。
講習後は大手門から皇居に入り、東御苑にある汐見坂に移動します。
過去何度もこの坂を利用していますが、環境といい、坂の角度といいナンバ体感の場としては最適なところです。
見るからに急な坂で、え~っと思っていた方も皆さんにつられて何度も上り下りしてしまうというナンバパワー体感の場です。

ここで再度腕の使い方、意識の持って行き方などで歩く感覚が変わることを説明し、実際に試みていただきます。
皆さんの表情が輝きだします!

中には甲州街道をグループで歩いているが、来月は高低差350mある峠を歩かなければならない。
自分はいつも足を引っ張る存在で悔しい思いをしているが、この歩きを取り入れれば行けそうな気がする!っと。
この急な上りの予想外の楽さに勇気を持たれたようです。
その後は色んなお話をして下さいました。
名刺も頂きましたが、鎌倉の自然を守る会の会長もされているようで、鎌倉は坂道もあるのでこれから進んで歩くようにするとおっしゃっていました。また運動史編纂委員会の委員長もされ大阪の中央図書館にも本を寄贈されているそうです。
終了後は、本当にありがとう!っと何度も握手までして下さいました。
ナンバ歩きを「今日までの自分よりもっと元気な自分になれる歩き方」という思いでやっていますが、まさにそんな人が現れ嬉しい限りです!
皆さん自分なりに様々な腕の使い方を確認しながら楽しそうに歩かれています。

平地では違いが分かりづらいので、坂道、階段で感覚を身体に覚えさせることでより早くマスターできます。

身体はやはり心地いい動きを取り入れようとすると思うので、もう前後に腕を振る歩き方を拒否するようになるかもですね。

そしてお腹も空き天守閣跡に広がる旧本丸広場の木陰でランチにします!
なんと今日はスタッフが皆で食べるようにと美味しそうな弁当を作ってきてくれました。

ピクニック気分です!美味しかったですね!
食後は都心にいるとは思えないような二の丸庭園の雑木林を歩き、丸の内のビル街を通り八重洲のショップに戻ります。

3日間連続の教室も無事終わりました。

皆さんの色んな歩きへの思いも聞けましたし、効率的な身体の使い方は歩きにとどまらず色んなところに共通点があることも勉強になりました。

まだまだ身体の使い方など歩きの世界に広がりの可能性を感じた3日間でしたね!

プロフィール
氏名
上野 敏文
日本ウオーキング協会専門講師
所属
ミズノウォーキングアドバイザー
クラブツーリズム専属ウォーキングアドバイザー
出身地
大阪府
趣味
訪問地での早朝ウォーキング
山歩き(特に金剛山 約2000回)
野菜・米作り
山林整備(チェーンソー使用)
デパ地下、市場巡り
愛車ピックアップトラックでのドライブ
コメント
歩き慣れた道(金剛山)を歩きながら自分と向き合う時間が大好きです!
歩きながら考えると何事も前向きなことしか浮んできません!
またナンバ歩きを日々進化させ齢とともに動きが良くなればいいなっと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

バックナンバー
ページトップへ