MIZUNO

WALKING

2013年6月22日

博多阪急百貨店イングススポーツでナンバ歩き講座

今日はJR博多シティにある阪急百貨店イングススポーツさんでのナンバ歩き講座です。
昨年に続き地元で手広く活躍されている整骨院の総院長である堂薗さんとのコラボです。
img_20130622_01.JPG
まず私からナンバ歩き講座をします。
今回は店内での講座の為シッカリ実技までして頂くことはできなく残念でしたが、ルームランナーを使い歩きを解説しました。

img_20130622_02.JPG

img_20130622_03.JPG

堂薗さんからは、足指をうまく使えた場合と使えない場合の違いを分りやすく説明。

img_20130622_04.jpg

指が靴の中で伸びず曲がっていると、前に進もうとする身体に抵抗してスムーズに歩けなくなります。でも指が伸びた状態だと歩行の安定感も増しスムーズに歩けるようになるのですね。
片方の足は履いて来られた履物で、そして片方の足にはリバイブを履いて頂き、それぞれの足を前に出し身体を前に倒していきます。
リバイブを履いた方の足は、指でしっかり身体を受け止めますが、そうでない方の足の場合は不安定な状態で、腰が引け体勢が崩れます。

img_20130622_05.jpg

また指が伸びた状態だと鼻緒をシッカリ挟むことができ、鼻緒が当たる個所の反射区を常に刺激し、歩きながら足つぼをしているような状態だと言うことです。
リバイブの素晴らしさを分りやすく説明頂きました!
午後の部に参加頂いた皆さんです。

img_20130622_06.JPG

午前の部は写真を撮り忘れすいません!
先日弊社の展示会でお会いしお話をした松岡修造さんも、テニスにおいて足指を使えることが凄く大切だとおっしゃっていました。
スポーツのパフォーマンスを上げるのも、歩いてより健康になるのも足指にもポイントがありそうですね!
ウエーブリバイブはそんな要素をもった履物です!
この夏はリバイブでグッドウォーキングしましょう!

プロフィール
氏名
上野 敏文
日本ウオーキング協会専門講師
所属
ミズノウォーキングアドバイザー
クラブツーリズム専属ウォーキングアドバイザー
出身地
大阪府
趣味
訪問地での早朝ウォーキング
山歩き(特に金剛山 約2000回)
野菜・米作り
山林整備(チェーンソー使用)
デパ地下、市場巡り
愛車ピックアップトラックでのドライブ
コメント
歩き慣れた道(金剛山)を歩きながら自分と向き合う時間が大好きです!
歩きながら考えると何事も前向きなことしか浮んできません!
またナンバ歩きを日々進化させ齢とともに動きが良くなればいいなっと思っています。

このブログ記事について

このページは、トランスコスモス_esupportが2013年6月22日 09:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エスポートミズノでナンバ歩き教室」です。

次のブログ記事は「服部緑地でナンバ歩き講座」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

バックナンバー
ページトップへ