MIZUNO

WALKING

2013年2月 4日

リバイブウォークin伊江島

今日は来沖時には毎回NEOSさんに企画頂く、私と歩く離島シリーズの「リバイブウォークin伊江島」です。
本部港まではバスで行きます。
新しくなった那覇市役所前をスタートし順次参加者の皆さんを乗せ向かいます。



伊江島は本部港からフェリーに乗換え30分の離島で、美ら海水族館からも見えます。
遠くからでも見える島のシンボル城山(グスクヤマ 172m)に登ります。





長閑な村道を城山めざし進みます。









今回参加頂いた皆さんです。



ここからいよいよ更に急な登りです!





でも山頂に着けば360度の大パノラマです!







風も気持ちよくかいた汗もすーっとひきます。
下山後には早速こんな人達も・・・私も大好きですが・・



そして楽しみの昼食です!
島の名物「伊江島牛汁定食」(\1,000)です。





牛の様々な部位が入っていてとても美味しいです!
REVIVEも休憩中です!





3世代で参加のファミリーもおられます。
4歳のりこちゃんも頑張って山に登りました!



食後はハイビスカス園まで歩きます。





ハイビスカス園には1,000品種以上の花々があるとのことです。



りこちゃんの顔よりも大きい大輪の花もあります。



マグロ漁師の伊佐さんです。



船上での生活が多くほとんど歩かない為、上半身の筋肉はシッカリありますが、お医者さんから歩いて足も鍛えましょう!と言われ参加されています。
ここからフェリー乗り場の伊江港まで約1時間の最後のウォーキングです。
風になびく麦畑に沿って気持ちよく歩きます。



村道も我がもの顔で・・・



通行よりも木が優先で・・・



道路脇にはこんなものも置かれています。



第2次世界大戦で伊江島は激しい攻撃をうけたらしいです。
そして島ともお別れです。



今回で7回目の離島歩きになりますが、一般的にはほとんどの方は島に行っても歩くことはないと思います。
でも
歩けば島のことが良く分ります!
都会生活では忘れていた何かを気づかせてくれます!
素朴な風景の中歩けば癒されます!
こんなところを歩けば脳もすぐハッピーになってくれますね!

プロフィール
氏名
上野 敏文
日本ウオーキング協会専門講師
所属
ミズノウォーキングアドバイザー
クラブツーリズム専属ウォーキングアドバイザー
出身地
大阪府
趣味
訪問地での早朝ウォーキング
山歩き(特に金剛山 約2000回)
野菜・米作り
山林整備(チェーンソー使用)
デパ地下、市場巡り
愛車ピックアップトラックでのドライブ
コメント
歩き慣れた道(金剛山)を歩きながら自分と向き合う時間が大好きです!
歩きながら考えると何事も前向きなことしか浮んできません!
またナンバ歩きを日々進化させ齢とともに動きが良くなればいいなっと思っています。

このブログ記事について

このページは、トランスコスモス_esupportが2013年2月 4日 10:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てだこマーチ2日目」です。

次のブログ記事は「休日の楽しいリフレッシュ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

バックナンバー
ページトップへ