中田久美監督に聞く!シューズの大切さとは!?

中田久美監督に聞く!シューズの大切さとは!?

 

セッター&リベロ専用シューズとして発売となった「ロイヤルフェニックス」。
現役時代名セッターとして日本の女子バレーを支えてきた中田久美監督に、セッターの求めるシューズ像について聞いた。

 


Q:今回、ミズノからポジション別専用設計として初となるセッター&リベロ専用シューズ「ロイヤルフェニックス」が発売となりました。


今回、セッター&リベロ専用シューズができたと聞いて、正直『やっとか』という感じです(笑)。まず最初に私がグッときたポイントは、とても軽いということ(ミズノ最軽量の約260g ※27.0cm片方)。 セッターは、味方がレシーブしたボールに対しての1歩目の反応がすべて。そこでいかに蹴る力を発揮できるかという部分で、足の指先、親指にストレスがかかることが多いのですが、この「ロイヤルフェニックス」は、親指を中心に床を蹴った時のねじれの部分にはものすごく柔軟性があるけれど、外側にひねらないところがすごい。瞬発力を高めるだけでなく、ケガの予防にもつながると思います。
セッターだけでなく、リベロも足の力の伝わり方の速さが必要なポジション。そのため、ボールに反応して、床を蹴る感覚、身体がスピードに乗っていても、ボールの落下点でストップする力がほしい。靴底が厚い場合、その感覚が床にうまく伝わりません。その点、このロイヤルフェニックスの靴底は、薄いけれど、かかとにはある程度厚みがあります。そのこだわりが大きな差を生むと思います(コートを素足感覚で捉える薄底設計のフラットソール)。さらに、小指の付け根まで踏ん張りが利くのもいい(脚のパワーをロスなく伝えるキックセンサー)。私も現役に戻ってぜひ履いてみたいと思いました。


Q:優れたセッターに共通するポイントは?


判断力、決断力、忍耐力ですね。セッターに関して言えば、プレーの半分は“予測”。ほんの少しの判断ミスや遅れが、アタッカーへの負担になってくるので、伝達のスピードは大事だと思います。そのためにもやはりシューズにはこだわりたい。 私は中学校時代にアタッカーからセッターに転向しました。アタッカー時代はジャンプすることも多かったので、着地の仕方や一つの動作を終えた後の動きを重視してきましたし、片足着地で降りることが多かったので、クッション性や安定性を第一に考えてシューズを選んでいました。しかし、セッターになってからは、ジャンプの回数も減った分、クッション性を求めすぎると地面を思うように蹴られなかったり、セットアップした後、右足首に負担がかかってしまったりと悩みが多く、なかなか思うような一足に出会えませんでした。
そのため、実は、石膏で自分の足の型を取ってもらって特注で作っていただいたりとシューズにはかなりこだわっていたんですよ。


Q:監督視点で、チームにおけるセッターとリベロというポジションをどのように考えていますか?


セッターは中間管理職のようなポジションですし、そのプレーでゲームの流れを変えることができる要の選手です。 そのため、ことわざにもありますが、“一を聞いて十を知る”選手になってもらいたい。 監督は試合中に長く説明している時間はありませんから、監督の立場からすると“私のバレーを表現してくれる核になる選手”と言えます。 技術的には、やっぱりスピード。さらに基本は右足が利き足で、「右目、右軸」がベストでしょう。しかし、左軸でもいいところはあるし、それがダメではなく、その特徴が生きるようにしていきたいと思っています。 リベロもセッターの役割に似ているかもしれないですね。リベロも踏み出す一歩目でバレーが決まるケースが非常に多いので、すごく大事なポジションだと思います。


Q:名セッターとして数々の実績や経験をされてきた中田監督がシューズに求める機能は?


セッターは、相手からボールが返ってきたときに、ネットに向かって動き出すため、助走を取るために下がるスパイカー陣とは逆の動きをします。 ネットを背にして味方を見ていることが多いため、見ているところがセッターとスパイカーでは、まるで違う。そのため、予測や状況判断が大事になってくると思います。 そういった動きに対応するためには、絶対にアタッカーとセッター・リベロのシューズは分けたほうがいいと実はずっと思っていたので、このシューズはまさにその願いをかなえてくれた一足だと思います。


Q:部活プレーヤーにこの「ロイヤルフェニックス」をオススメするコメントをお願いします


セッターは、本当に一歩目が大事。このシューズの利点を十分に生かして自分の持ち味を発揮してほしいと思います。 私は日頃から選手たちに、ボールやシューズなど用具を大切にするように言い聞かせています。 日常生活がきちんと過ごせない選手がコートの中できちんとしたプレーはできません。 それはシューズも一緒で、自分を守ってくれるものだから、大事に使ってほしいなと思います。 せっかくいいシューズがあるのだから、それをうまく利用して夢をかなえてほしい。頑張ってくださいね。



◎ロイヤルフェニックス http://products.mizuno.jp/c/item/V1GA1530

~中田久美(なかだ くみ)監督 PROFILE~

史上最年少の15歳で全日本代表に選出されて以来、ロサンゼルスオリンピックの銅メダル獲得をはじめ3度のオリンピックに出場し、全日本の司令塔として活躍。現在はVプレミアリーグの久光製薬スプリングスの監督として活躍中。