金井大旺選手が男子110mハードルで日本新記録を樹立

4月30日 第55回織田記念陸上競技大会(エディオンスタジアム広島)にてミズノトラッククラブ所属の金井大旺選手が、男子110mハードルで日本新記録を樹立致しました。
また従来の記録を0秒09更新し、13秒16の日本新記録で東京五輪参加標準記録を突破致しました。
今季アジア人最高、世界ランク3位の好記録。ラストシーズンでもある金井選手の活躍にご期待ください。
金井大旺選手