「ミズノトラッククラブ(MTC)」は、日本を代表する
トップアスリートを有する国内に類のない陸上クラブチームです。

目の前に立ちはだかる困難を恐れず
絶えず挑み続ける事で、可能性の翼を大きく広げていく選手たち。
挑戦の先にある、世界を舞台に活躍するという夢を叶える事。
そしてその姿を通じて、
未来を歩んでいく子供たちの希望になる事。

MTCはそんな存在でありたいと願っています。

[エンブレムについて]

「世界の舞台で活躍する」という想いを込め、五大陸を象徴する5つの”星”と、「頂点への道」をイメージした”レーン”をモチーフに表現。
チームウェアをはじめ、MTCが展開するさまざまなアイテムに採用されています。

飯塚翔太
100m/200m

競い合う楽しさを
感じることだと思う。

順位にこだわり、競争する楽しさを感じる。
そのために日々の練習で競い合う。
タイムに執着し過ぎると走りを意識し
無意識で走ることができない。
だから、競い合う楽しさを感じることが大切だ。


→選手情報はこちら

市川華菜
100m/200m

あきらめず自分を信じて、
コツコツ頑張ること。

目の前の目標を1つ1つクリアすることで、大きな夢に近づけると思う。


→選手情報はこちら

松下祐樹
400mH

自分の中で勝手に限界を作らず、
常に新しいことを求めて
様々なことに挑戦し続ける。

その中で、失敗することもたくさんあるが、
それを忘れず経験としてプラスに変えられるようにする。


→選手情報はこちら

ディーン元気
やり投

シンプルなことの継続、妥協をしないこと。

そ常日頃からパフォーマンス向上のために最善の選択を。
選択の基準として、陸上に常にウエイトを置いて選択してやってきた。


→選手情報はこちら

野澤啓祐
400mH

何をするにも予習、復習が大切で
それを継続する中で結果として現れる。

努力すること、毎日練習してきたことで今の自分がある。


→選手情報はこちら

萩田大樹
棒高跳

否定から入らず、まず試してみた上で
取捨選択をすること。

その中で、自分を形作る軸は大きく変えず、
そこに合う動きや考えを取り入れて常に新しい形を作り続けるようにしている。


→選手情報はこちら

和田麻希
100m/200m

悩んだ時は、後悔しない方を選ぶ。

やる時と抜く時のメリハリをつける。
そして、自分にとってプラスになると感じたことは全力で吸収する。


→選手情報はこちら

川面聡大
100m/200m

自分の可能性を信じ、
最後まで自分の信じた道を貫く。

自分が速くなる可能性を考え、
自分が納得したならば迷わず最善の努力を行う。
理想の姿を追い続けながら、努力し続ければ叶う時が来ると信じている。


→選手情報はこちら