皆様からお寄せいただいた質問にミズノトラッククラブ(MTC)・チームミズノアスレティック(TMA)のメンバーがお答えしました。練習・試合においてぜひ参考にしてください。

ミズノトラッククラブ・メンバープロフィールはこちらから

中距離

ラスト100mで競り負けてしまいます。

石塚 祐輔
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ石塚祐輔です。
後半の競り負けてしまう要因には、レースにおけるレースペースのミスやトレーニングにおいて人と競るようなトレーニング不足が考えられると思います。

レースペースに関してはアドバイスコーナーの別の欄に記載がありますので、そこを参考にしていただき自分なりのペースを見直していただくことも改善策の一つになるかもしれません。そのことにより後半に余裕が生まれ、後半に置いていかれるレースが少なくなると思います。

トレーニングにおける要因としては、人と競る場面を増やしていく必要があるのではないかと考えられます。同じ練習内容をしていても誰かと一緒に行い、レースと同じ状況をつくる必要があると思います。そしてその時に「競り負ける」という苦手意識をなくし、「負けたくない」という気持ちを強く持つことが必要だと思います。

トレーニングにおける要因も考えられますが、レース後半にはやはり負けたくないという気持ちが大きく関ってくると思います。自信を持つことと、そのためのトレーニング方法を確立をしていきましょう。

筋持久力と心肺機能に自信が無いです。

渡邉 和也
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ渡邉和也です。
筋持久力を高める練習のひとつとしてバウンディングをおすすめします。距離としては100mとり、カラダを前方に押し進めることと途中でスピードが低下しないように気をつけましょう。

高い出力を少しでも長い時間継続することが、筋持久力を高めていくポイントになると思います。心肺機能ですが、例えば300m×5本という練習を行うとします。一本ごとに設定タイムを上げていく方法や、本数間の休憩(レスト)時間を一本ごとに短くしていく方法などが有効かと思われます。

長い距離を走ることも大切ですが、普段の練習でレース時のスピードかそれ以上のスピードで本数を重ねることも大切です。苦しい種目ではありますが、伸ばす要素もたくさんある種目です。苦しさに負けずベスト更新を目指して頑張りましょう!

腕振りがしっかりできません。

渡邉 和也
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ渡邉和也です。
腕振りのコツはタイミングを取るところにあると思います。このタイミングとは足の動きに合わせたタイミングとよく表現されます。立った状態で肩の力を抜き腕をだらんとぶら下げ、その場でもも上げを行うと肩や腕が振られる感覚が得られると思います。

このタイミングに合わせて腕を振ることでタイミングよく腕を振ることが出来ますよ!あとは走るスピードに合わせて、速くなればなるほど大きくダイナミックに振ることを意識してみましょう。肩の力を抜いて行うことがポイントです!

練習のポイントを教えてください。

芝田 陽香
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック芝田陽香です。
800mや1500mというのは、スピードと持久力の両方必要になってきます。例えば800mで狙っていく場合、まず持久力が必要となってくるので、1000mのトライアルや時には2000mくらいまで距離を伸ばした練習を行なうのも良いかもしれません。そして、やはりスピードが必要不可欠です。400mをしっかり走れるようになるのはもちろん、そのためには100mや200mのスピードも必要です。

私の考えとしては、一日の練習の中に50mや100mなどの短かい距離の練習と、600や1000mというような長い距離のトライアルを入れることが、レースで800mを速いスピードで最後まで粘って走れることに繋がると思います。

もしくは、一週間の中でスピード練習の日と、1000mや1500mのロング練習の日というように分けてもいいと思います。とにかく800mはスピードも持久力も両方大切です!頑張って下さい!

腕の振り方を教えてください。

渡邉 和也
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ渡邉和也です。
腕振りは意識して振ることも大切ですが、頑張って振りすぎるとかえって減速する要因のひとつともなります。また肩に力が入っていると腕の振りが小さくなり推進力を得られません。大切なのは肩の力を抜きリラックスした状態で腕振りを行うことです。

そうすることで自然と走るスピードに合わせた腕振りができるようになります。筋トレも大切ですが、ウォーミングアップや普段の走り、ドリルの際に意識し続けることが何より大切です。肩の力を抜いてリラックス!

  • 100m.200m

    ステップ付き腿上げ

  • 100m.200m

    スピードスキップ

  • 400mH

    体幹軸作り

  • 400mH

    股関節ローリング

  • 棒高跳び

    棒高跳踏切ドリル

  • やり投げ

    ダイナミックストレッチ