皆様からお寄せいただいた質問にミズノトラッククラブ(MTC)・チームミズノアスレティック(TMA)のメンバーがお答えしました。練習・試合においてぜひ参考にしてください。

ミズノトラッククラブ・メンバープロフィールはこちらから

走り高跳び

体は浮いてるのに、ふくらはぎがあたってバーを落としてしまいます。

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
まずクリアランスのタイミングを覚えましょう。その場跳びでバーを越えるときに肩越しに脚がバーを越えるまで見るようにしましょう。そうすることで、身体がバーを越えるタイミングを覚えられます。すぐに効果が出るわけではないですが、継続して行うことでできるようになると思います。

体重調整がなかなか思うようにできません。

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
短期間に体重をコントロールすることは非常に難しいことです。また、急な体重の増減はコンディションにも悪影響を及ぼしますので、少しずつコントロールしていきましょう。一ヶ月で1kgが目安です。あとは、普段からカロリーの低い食品を選んだり、食べすぎには注意したりしましょう。

助走のポイントを教えて下さい。

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
走高跳は、走幅跳や三段跳のように速いスピードで踏み切るよりも、リズミカルに踏み切りに入ることが重要です。もちろんスピードはあったほうが良いですが、スピードが速すぎると上方向ではなく前方向の力に変わってしまいます。なので、まずはリズムよく走り、その中で少しずつスピードを上げていければ良いと思います。

どうすれば高さのピークをバーの真上にもってくることが出来ますか?

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
踏み切り位置や角度を変えてみましょう。高さのピークがバーより手前にあるならば、踏み切り位置を近くすれば解決すると思います。また、横幅を縮めたり伸ばしたりしても、跳び上がり方が変わってくるので、色々試してみましょう。

踏み切る時の足の方向は?

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
基本的には走幅跳と同じで、身体の向きと同じ方向です。無理にひねって踏み切りに入ると足首を痛めてしまうので気をつけましょう。

かかとでバーを落としてしまいます。

尾又 平朗
Answer

こんにちは。チームミズノアスレティック尾又平朗です。
この場合、クリアランスのタイミングが早いことが考えられます。クリアランスのタイミングが早いと、バーの上で身体を反っている時間が長くなります。そうすると、クリアランス全体のタイミングがずれ、かかとがバーに当たってしまいます。クリアランスは「1」で上がる、「2」で反るように意識することでタイミングが合い、良いクリアランスになると思います。

  • 100m.200m

    ステップ付き腿上げ

  • 100m.200m

    スピードスキップ

  • 400mH

    体幹軸作り

  • 400mH

    股関節ローリング

  • 棒高跳び

    棒高跳踏切ドリル

  • やり投げ

    ダイナミックストレッチ