皆様からお寄せいただいた質問にミズノトラッククラブ(MTC)・チームミズノアスレティック(TMA)のメンバーがお答えしました。練習・試合においてぜひ参考にしてください。

ミズノトラッククラブ・メンバープロフィールはこちらから

走り方・フォーム

体が左右にぶれてしまいます。

和田 麻希
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ和田麻希です。
体が左右にぶれるのは体幹がしっかり使えてないのかもしれません。体幹は体の幹の部分となり非常に大事な部分です。腕と足をつなぐ体幹を鍛えることで体のぶれも改善されると思います。腹筋、背筋、側筋の強化をしてみてください。走っている時も自分の体が頭の先から足先まで一本の幹だと思って走るといいと思います。そうすることで地面からもしっかり力をもらえてぶれなく進むと思います。頑張ってください!

「後ろに蹴るように走れ」と言われます。

市川 華菜
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ市川華菜です。
後ろに蹴ると言うよりは、真下から地面に向かって缶を潰すようなイメージで脚を振りおろしてください。後ろに蹴ると脚の切り返しが遅れるのでピッチが上がらなくなります。膝の真下で切り返すと程よい前捌きになるとおもいます。

「腰が低い」と言われます。

川面 聡大
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ川面聡大です。
腰を高く走るには、まず接地が大事だと思います。体の重心の真下の位置で接地することができれば、しっかり地面を押すことができます。その状態を作ってから足で地面の反発をもらうようにしっかり足が伸びきるぐらい押すことができれば、腰が高い位置で走ることができると思います。その時に足で地面を蹴るような意識で接地してしまうと後ろに足が流れてしまうので、そこは要注意です。

また、「く」の字のように腰が引けてしまうと高い位置をキープできないので、背筋を伸ばし良い姿勢で先ほどの接地を意識できると改善できると考えます。

「前に乗り込んでいけ」と言われます。

市川 華菜
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ市川華菜です。
乗り込む感覚をつかむためにはまず正しい姿勢で歩くことから始めましょう。次に基本ドリルを始める前や実際に走る前にも正しい姿勢を作ってから始めてください。前に乗り込むことに重要なのは弾むことです。弾むことは脚の回転ではなくあくまでも重心を落し、その跳ね返りを受け前に弾んでいくことです。例えばハードルジャンプなどで行ってください。正しい姿勢で地面反力をもらい前に弾むことが前に乗り込むことだと思います。

僕は腕振りが遅いといわれます。

石塚 祐輔
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ石塚祐輔です。
まず、「腕振りが遅い」の定義が何なのかというのは難しいところです。しかし、腕振りだけに視点を置くのでなく、脚とのバランスを見ることが重要だと思います。脚とのタイミングが悪く、著しくタイムが低減していたりする場合は改善の余地があると思いますが、脚とのタイミングがあっているならば、改善をする必要はないと思います。自分の走りの映像を見たり人からの意見を聞いたりしていくことが良いと思います。

接地はどのようにするのが一番いいのですか?

川面 聡大
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ川面聡大です。
接地で一番大事なことは足のつく位置だと考えます。足のつく位置は重心の真下で、真下につくことによってブレーキもかからず、スムーズに進むことができると考えます。他に大事なことは接地の早さです。

短い接地で真下につくことができれば、前に進む推進力も生まれ速く走ることに繋がると思います。ジャンプ系のトレーニングを取り入れ、接地を短くなおかつ高く速くすることを意識しながら行うと効果があると思います。

走っている時に腰が引けている(お尻が出ている)と先輩に言われました。

和田 麻希
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ和田麻希です。
腰が引けているのは、足が体の前で接地して走っているからだと思います。基本の動き作りの中で、両手を上に万歳をしたまま、もも上げをしたり、両手を横に広げてもも上げをしてみてください。自然と腰の位置が高いまま動作できるはずです。

走る前に腰の位置を確認し、背伸びをしてから走りだしてみてください。走っているときは、おへその部分からゴールに向かってひもで引っ張られているような意識で走ると更に腰がひけない走りができると思います。頑張ってください!

「ターンオーバー」とは?

市川 華菜
Answer

こんにちは。ミズノトラッククラブ市川華菜です。
ターンオーバーで代表的なのはカールルイス選手です。そのルイス選手を指導したトムテレツ氏が脚の軌道を表現する際にこのターンオーバーという言葉を使いました。ターンオーバーの特徴としては脚の軌道にムダがなく、脚を降り出したり、流れないことです。

ルイス選手の脚の軌道を見てみると、膝が上がるとそこから真下に踏みつけるような動作であり、足関節をロックして足首で地面を蹴る動作がほとんどありません。そうすることにより脚の返しがコンパクトになり流れずにスムーズに前に出ていきます。

  • 100m.200m

    ステップ付き腿上げ

  • 100m.200m

    スピードスキップ

  • 400mH

    体幹軸作り

  • 400mH

    股関節ローリング

  • 棒高跳び

    棒高跳踏切ドリル

  • やり投げ

    ダイナミックストレッチ