(2018世界卓球女子団体戦)平(樋浦)令子+森田(藤沼)亜衣さんの見どころ予想

ミズノアドバイザリースタッフ平(樋浦)令子さん+森田(藤沼)亜衣さんが解説してくれる見どころポイントを見ながら、みんなで卓球女子日本代表を応援しよう!

ミズノアドバイザリースタッフ平(樋浦)令子さんの見所ポイント

#08

決勝トーナメント / 女子日本代表 vs 中国戦

47年ぶりの世界一に向けて運命の戦いが始まります。
最強中国との対戦。

日本チームは、この一戦に向けて厳しい練習をし、対策練習を重ねてきました。 その練習の成果を発揮する、最高の場が整いました。 中国に勝つ為には1試合目の1ゲーム目が特に大事です。 そこを取ることによって、最強中国でもプレッシャーがかかりプレーが硬くなります。 技術的にはサーブ、レシーブからの早い段階で攻撃を仕掛けていかないと中国相手には勝てないと思います。 また攻守の切り替えを素早くする必要があります。 念願の世界一に向けて皆さんの応援をぜひスウェーデンに届けてください。

#07

決勝トーナメント / 女子日本代表 vs 北朝鮮・韓国合同チーム戦

急遽発表され本当に驚きました。まさかこんなことが起こるんだなと言うのが正直な感想です。決勝トーナメント準決勝、日本対南北合同チームコリアとの歴史的な一戦を迎えます。合同チームが結成されるのは27年ぶりのことです。合同チームの中で要注意人物は北朝鮮のキムソンイ選手です。カットマンですが、後ろからでも攻撃が出来て、サーブ3球目や少しでもチャンスがあれば一発で決める攻撃力もあります。世界中が注目する一戦ですが、日本卓球女子チームの実力やメンタルがあれば必ずこの強敵相手でも勝ってくれると信じています。

#06

決勝トーナメント / 女子日本代表 vs ウクライナ戦

いよいよ決勝トーナメントが始まります。

ウクライナとはグループリーグでも対戦しオールストレートで勝利した相手ですが、その時はエースのカットマン、ビレンコ選手が出ていませんでした。 ビレンコ選手とガポノワ選手の2人のカットマンが日本戦に挑む可能性があります。 ここからは負けたら終わりの厳しい戦いです。油断は大敵です。 しかし日本チームは継続的に対カットマン対策を積んで来ています。 石川選手、伊藤選手はカット打ちが非常に上手いので1ゲーム目をしっかり取れれば問題ないと思います。

#05

女子日本代表 vs アメリカ戦

これまで1ゲームも落とさず完璧に戦い抜いて来た日本女子チーム!!
次が予選リーグ最終戦、対アメリカ。
アメリカともチームワールドカップで対戦しストレート勝ちをしているが、決勝トーナメントへ向けてもそれぞれの選手が更に気を引き締め、他国へも大きなプレッシャーを与えれるよう圧倒的な実力と最高のチーム力が発揮できるよう期待したい。

#04

女子日本代表 vs オーストリア戦

全勝対決で勝てば1位通過に大きく前進するグループリーグの大一番。 石川選手もグループリーグ最大の山場とコメントするほど大事な一戦です。 世界一になる為には1位通過が絶対条件。 チーム世界ランク7位のオーストリアは左利きのポルカノバ選手とリュウジャ選手の二枚看板。 ポルカノバ選手は長身でパワーもある選手。 リュウジャ選手は試合経験も豊富で実はママさんプレーヤーです。 決して油断は出来ないが、サーブ力、レシーブ力で日本が上回っているのでしっかりスタートダッシュをして勝利してもらいたいです。

#03

女子日本代表 vs ハンガリー戦

相手のレベルも上がって来ますが、日本チームは一人一人選手がハンガリーの情報をしっかり頭に入れていると思うので準備はバッチリだと思います。 ただ注意しないといけないのはポタ選手。 ラリーが上手くヨーロッパ選手の中では珍しいスマッシュを打つ選手です。 相手に下回転系のボールを打たせたり緩急をつけてミスを誘う必要があります。 日本はチームの雰囲気もいいですしドンドン勢いをつけていくと思うのでぜひ日本チームを応援してください!

#02

女子日本代表 vs エジプト戦

女子団体、初戦のウクライナ戦では、それぞれの選手が自分のプレーでしっかり勝ち切り、 これから迎える第2戦目は対エジプト!! 2月のチームワールドカップで対戦していて、相手チームのエースにはサウスポーのメシュレフ選手(世界ランク40位)がいます。 今回の世界選手権で日本チームにはメンバーとして、新たに長崎選手が加わり日本はサウスポーが3名。 最強の5名を揃えた今回の日本チームが、次のエジプト戦ではどの選手が出場するのか? 楽しみです。 そして、更に個々が調子を上げチームの勢いも増していくことを期待して応援しましょう!!

#01

女子日本代表 vs ウクライナ戦

いよいよ2018世界卓球選手権スウェーデン大会が開幕します。
団体世界一に向けて初戦がとても大切です。相手はウクライナ、チーム 世界ランクは16位、日本はチーム世界ランク2位なので力の差はあるが初戦と 言うことで多少硬くなる部分もあると思うので油断は出来ない。ウクライナの 注目選手はカットマンのビレンコ選手。ラケットをクルクル反転させてプレーす る珍しいスタイルなのでそこにも注目してもらいたいです。日本はキャプテン石 川選手がどうチームを自分色に作り上げて行くかが楽しみです。