MIZUNO

TABLE TENNIS

涙の初V、早田ひなが令和初の全日本女王!

NRT_7365.jpg


●女子シングルス決勝
早田ひな(日本生命) 7、9、4、ー9、8 石川佳純(全農)


石川佳純との左腕対決を制した早田ひなが、全日本選手権初優勝!


 1ゲーム目のラブオールで、石川がいきなりバッククロスのロングサービス。これを早田が鮮やかにバックストレートへバックドライブで打ち抜く。早田のバックハンドはコースが厳しく、高い弧線でミスを誘ったり、横回転を入れて伸ばしたりと多彩。ピッチの早いバック対バックの打ち合いなら石川が有利だが、両ハンドのラリー戦になると早田が得点を重ねた。


 石川も4ゲーム目の出足、0ー3のビハインドから6ー5と逆転。そして9ー9から3球目バックドライブ、そしてバック対バックの打ち合いを制し、11ー9で奪取する。しかし、反撃もここまでだった。5ゲーム目も流れは変わらず。早田が3ー0のスタートから4ー2、6ー3、7ー5とリードを保ち、10ー6でついにチャンピオンシップポイント。11ー8で優勝を決めた瞬間、早田の眼に涙があふれ、顔を両手で覆った。


★早田ひなの優勝インタビュー
「これまで苦しいことだったりとか、頑張っても頑張っても結果が出ない時がすごく多くて、でも常にたくさんの方が『ひなちゃん頑張れ』と応援してくれた。シングルスで去年準決勝で伊藤選手に負けてしまって、今年は最低ベスト4が目標。でも伊藤選手に勝たないと決勝、優勝はなかった。しっかり勝つことができて、2冠達成できてよかったです。
 伊藤選手とは常にダブルスを組んでいたり、普段の練習からも一緒にいる仲間ですけど、試合の時はしっかりライバルとして、美誠の存在があったからこそ私はここまで来られた。この優勝を糧にまた頑張りたい。


 石川選手はこれまで何度も全日本の決勝を経験して優勝しているけど、私は決勝が初めての舞台だったのでしっかり楽しむこと、そして石川選手と初めて対戦するくらいのつもりで向かっていきました。めちゃくちゃ楽しかったです。3ー0でリードして4ゲーム目も3ー0リードだったけど、簡単に勝たせてくれないなというのは感じた。そこからギアを上げて、1本取ることに専念できたのが良かったと思います。もともと後陣でもプレーできるのが私の強みでもあるし、そこが生かされた試合だったかなと思います。オリンピックには選ばれていないですけど、2020年のこの1年、自分の中で挑戦をテーマに、いろいろなことに向かっていって、逃げていたことにもしっかり向き合っていきたいと思います」(早田)


上写真は藤重貞慶・日本卓球協会会長から皇后杯を授与される早田、下写真上は早田、下は石川

TKS_8914.jpgTKS_8816.jpg

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ