MIZUNO

TABLE TENNIS

最終学年、絆のV。及川瑞基/三部航平が熱戦制す

_DSC9060.jpg


●男子ダブルス決勝
三部航平/及川瑞基(専修大) 6、−7、6、−9、8 戸上隼輔/宮川昌大(野田学園高)


男子ダブルス優勝は専修大4年の三部航平/及川瑞基!
大学の最終学年に、最高のコンビネーションで頂点に立った!


試合内容は全くの互角。三部/及川がゲームを先行しながら、戸上/宮川が強烈なカウンターを振り抜いて追いつく。4ゲーム目の終盤、戸上/宮川の10−9のゲームポイントで、戸上のレシーブ。レシーブ封じのロングサービスを出されながら、戸上は迷わず強烈なバックドライブを振り抜き、レシーブエース。最終ゲームに持ち込んだ。


最終ゲームも5−5、8−8と一進一退の攻防から、10−8で三部/及川がチャンピオンシップポイント。優勝インタビューで及川は、ここで三部に「ミドルに浅めのチキータ」という、厳しい要求を出した。「三部ならできると思って信じていました」(及川)。ここで追いつかれると苦しい場面で、三部のチキータはやや長くなったが、決死のフォアドライブ連打で打ち合いを制した三部/及川。優勝を決めたふたりは、熱い抱擁を交わした。


★三部/及川の優勝コメント


三部航平「ぼくたちはいつも接戦になる試合、苦しい試合が多くて、それを乗り切って優勝することができてすごくうれしい。森薗さんとのペアで優勝しているけど、中学校からずっと同級生である及川と日本一になることができてうれしいです。
 最後(最終ゲームの10−8)は「(レシーブで)ミドルに浅めのチキータ」ってすごくむずかしいこといわれて、自信はなかったんですけどそういうことは言っていられない。ちょっと深いチキータになってしまったけど、それが良い方向にいってくれた。来年から卒業してチームが変わるので、今日が最後のダブルス。それでこういう結果が残せてうれしい。今後はシングルスでももっと良い成績が出せるよう頑張りたい」


及川瑞基「初めての決勝の舞台だったので少し緊張しました。相手も勢いがあって強いけど、自分たちのやるべきことをやれば勝てると信じていた。最後まで三部のことを信じてプレーしました。まだちょっと優勝した実感がない。長い間三部とやってきて、大学生活の最後の最後で優勝できたので、すごくうれしいです。(最後のレシーブは)競った場面で難しい要求をしたんですけど、三部ならできると思って信じていました。ダブルスはコンビネーションが大事ですけど、今日はとても仕上がりが良く、細かいところでもミスがなかった。全日本でダブルスのタイトルが獲れたので、今後はシングルスのタイトルを目指して頑張ります」


上写真は表彰での三部/及川、下写真・上は三部/及川の優勝の瞬間、下は戸上/宮川


_DSC8866.jpg_DSC8832.jpg

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ