MIZUNO

TABLE TENNIS

ゲームオール11ー9、薄氷を踏む勝利で張本智和が決勝へ!

NRT_6994.jpg


●男子シングルス準決勝
張本智和(木下グループ) 4、-9、-7、-7、7、8、9 戸上隼輔(野田学園高)


 あわや敗戦の瀬戸際から耐え抜いた張本智和、戸上隼輔をゲームオール11ー9で破って決勝進出!


 1ゲーム目は11ー4で快調に先取した張本だが、2ゲーム目から戸上の叩きつけるようなバック強打、バック対バックからの回り込みパワードライブが冴え渡る。2ゲーム目の10ー9で、戸上の飛びつきざまのフォアストレートへのパワードライブが決まり、張本は今大会5試合目にして初めてゲームを落とす。そして、あれよあれよという間に3ゲームを連取される。


 試合の流れは完全に戸上にあったが、張本は連続強打にも下がらずに必死でブロック。チキータは威力よりも、回転をかけて小さく落としてミスを誘い、必死で勝機をうかがう。「相手の両ハンドのドライブはすごかった。相手より1本でも多く返すことを心がけた」と試合後に語った張本。ゲームオールに追いつくと、最終ゲームは5ー6のビハインドからブツ切りサービスと切れたフォアストップでミスを誘い、10ー6と突き放す。10ー9まで挽回されたが、最後は戸上のフォア前へのYGサービスから、ラリー戦で相手のミスを誘った。その瞬間、その場に跪いた張本。苦心の末の勝利だったが、勝ち切ったことには大きな意味がある。2年ぶりの優勝まであとひとつだ。


★試合後の戸上隼輔のコメント
「2ゲーム目から自分のプレーをしよう、攻めようと心に決めていたけど、3ー1になって勝ちを意識した。今までもそういう展開はあったけど、同じ課題が出てしまった。張本選手は世界で活躍している選手だし、どんな場面でもあきらめずに立ち向かってきた。ぼくが積極的に攻めても屈することなく、台から下がらずに戦っていた。頭が真っ白にならずに戦えるのはすごいと思う」


上写真は勝利を決めてベンチに戻る張本、下写真は戸上。


TKS_8206.jpg

  • 卓球競技サイトへ
  • 製品カタログページへ
ページトップへ