【第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技】ミズノスイムチーム、ブランドアンバサダーの選手たち9人が夏の国際大会代表に決定しました!

4月2〜8日の7日間、東京辰巳国際水泳場で行われていた第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技。夏に開催される2つの国際大会の選考会を兼ねたこの大会で、ミズノブランドアンバサダーの選手たち9人が、日本代表に選ばれました!


ミズノブランドアンバサダーの大橋悠依選手(イトマン東進)は200mと400m個人メドレーで3年連続2冠を達成! 200mバタフライでも2位に入る活躍を見せてくれました!

塩浦慎理選手(イトマン東進)は、50mでは準決勝で21秒67の日本新記録を樹立! 決勝は少しタイムを落としてしまうものの、21秒73で2年ぶりの優勝を果たしました!

渡辺一平選手(TOYOTA)は、100mで自己ベストを更新して2位に入った勢いそのままに、200mでは150mまで世界記録を上回るレースで会場を沸かせます! 惜しくも世界記録更新はなりませんでしたが、2分07秒02の好タイムで初優勝です!

小関也朱篤選手(ミキハウス)は、50m、100m平泳ぎで優勝。100mでは6連覇を果たしています!

200m自由形では、松元克央選手(セントラルスポーツ)が1分45秒63の日本記録に迫る自己ベストを更新して2連覇を達成!

酒井夏海選手(スウィン美園/武南高校)は50mと100m背泳ぎの2冠を達成しています!

渡部香生子選手(JSS)は200m平泳ぎを2分24秒28で優勝を果たしました!幌村尚選手(早稲田大学)は200mバタフライで1分56秒15の3位、持田早智選手(ルネサンス/日本大学)は200mバタフライを2分08秒96の4位をそれぞれ獲得しています。

7日間にも及ぶ長丁場を戦い抜いた選手たちへのご声援、本当にありがとうございました!

塩浦選手、松元選手、小関選手、渡辺選手、酒井選手、大橋選手ら6人が7月の国際大会の日本代表に選出されました!

さらに、幌村選手、渡部選手、持田選手の3人がユニバーシアード競技大会に挑みます。

また、5月30日から6月2日まで行われる、ジャパンオープン2019国際大会代表の選考が行われます。
今年の夏、国際大会でも活躍が期待される選手たちへのご声援をよろしくお願いします!


↓その他選手の大会写真はこちら

©Hiroyuki Nakamura