競泳用水着

スタイル

競泳用水着は、大会出場を目指すスイマーのための水着です。速く泳ぐことを目的として、さまざまタイプ、素材、機能があります。 公式大会に出場するためには、FINA(国際水泳連盟)に承認された水着を着用しなければなりません。

FINAに承認された水着には、画像1のようなラベルが水着のヒップ部分に付いています。 このラベルははがすことはできません。

  • 画像1

以前は全身を覆うようなスタイルもありましたが、現在はルールによる制限があり、主なスタイルは以下の通りです。中でも、男子はハーフスパッツ、女子はハーフスーツが最近の主流です。

  • ※スタイルの名称は、メーカーによって異なります。

スイマーのタイプ別

試合用(トップスイマー向け)

0.01秒でも速く泳ぐために、最先端の技術や機能が施されている水着です。通常の競泳水着以上に、しっかりとカラダをホールドし、泳ぎをサポートします。着こなすには、ある程度の経験が必要で、大会出場を目指すレベルのスイマーが対象です。

一般競泳用

より幅広いスイマー向けに設計された水着です。動きやすさ、軽量性、適度なサポート性、撥水性などの機能が施されています。

<一般競泳用水着の一覧を見る>

Stream Aqucela
各種地域大会出場/マスターズ大会出場

<一般競泳用水着の一覧を見る>

Stream Aqucela
各種地域大会出場/マスターズ大会出場

マスターズ向け

幅広い年齢の方が着用しやすいスタイルの競泳用水着です。 背開きが小さい(もしくは空いていない)、ローカット、パットフック受けが付いている、生地がしっかりしているなど、幅広い年齢の方が着用しやすい工夫が施された水着です。

<マスターズ向け水着の一覧を見る>

Stream Aqutiva
マスターズ大会出場

※一部FINAマークがついていないものもあります。

<マスターズ向け水着の一覧を見る>

Stream Aqutiva
マスターズ大会出場

※一部FINAマークがついていないものもあります。

練習用

競泳選手の練習用として開発された水着です。水着の劣化の原因であるポリウレタンを使わずに、ポリエステル100%の素材を使用することで、長持ちします。 一般的にはポリエステル100%だと、ストレッチ性が劣るのですが、近年ではポリエステル100%でありながら、伸びがいい素材が開発されています。楽しく個性的な柄、ローカットや肩ヒモタイプなどのスタイルがバリエーション豊富なのも、練習用水着の特徴です。

<練習用水着の一覧を見る>

EXER SUITS
練習用

<練習用水着の一覧を見る>

EXER SUITS
練習用

いろいろな機能や特長

競泳水着には速く泳ぐための様々な機能や特長があります。ミズノの競泳水着の中から、主なものを紹介します。

撥水加工
生地表面に撥水加工を施すことで、水を含んで重くなることを抑制し、水中での軽量感が向上します。
軽量生地
従来のニット素材に比べて、布帛素材は軽量です。
プレス加工
特殊プレス加工で生地表面を平滑にし、水の抵抗を削減します。
耐塩素性
塩素に対する耐久性の高いポリウレタン糸を使用し、水着が長持ちします。
ストレッチ性
より伸長性が高い素材で、動きやすさと着やすさが向上します。
動きやすさ
動作時の皮膚の伸縮にあわせたカッティングを採用することで、フィット感を高め、「競泳時の動きやすさ」が向上します。
透け防止
透けにくい特殊セラミックが含まれているので、淡色の水着でも大丈夫。赤外線透過撮影にも防止効果を発揮します。
ホールド機能
布帛素材による適度な締め付けで、形状抵抗を削減します。
超音波接着
生地のつなぎ目を縫製するのではなく、超音波接着することにより、つなぎ目が平らになります。
カップフック受け
別売りの胸カップを取り付けるためのフックです。

ニット素材と布帛素材

トップスイマー向け水着には、布帛と呼ばれる素材が使われているものがあります。布帛素材は織物組織で作られたものです。

織物
タテ糸とヨコ糸を直角に配列し、上下に交差させて平面の形にしたものです。
編物
織物に対して編物は、多くの水着で採り入れられています。糸でループを作りそのループにまた糸をくぐらせてループを作ることを繰り返します。 織物は糸が直線的に配列されているのに対し、編物はループで形成されているので、織物に比べると伸びが大きく、柔軟で身体によくフィットします。

布帛水着の正しい着用方法<GX / MX>

・必ず直用方法をご確認の上、正しく着用をお願い致します。急激に引っ張ったり、誤った着用をされた時は<破れ>につながります。

・この商品は素材の特性上、濡れたまま、他のもの(スイムタオル、綿タオルなど)と長時間重ねたままにすると色移りすることがありますので、お避けください。

WOMEN'S(ハーフスーツ)の正しい着方
無理に強く引っ張ったり、一箇所に強い力をかけたり、爪を立てたりしないようにしてください。
  • 裾の滑り止めを折り返し、足を通してください。
    (GX・SONIC IIIのみ)

  • 片方の膝の位置を決め、一度脚の付け根まで片方の足全て上げてください。

  • 図の様に、めくるように膝上まで一度下してください。

  • もう片方の足を同様に膝上まで履いてください。

  • シワができないように左右平行に、ゆっくりと丁寧に引き上げます。

  • 骨盤でひっかかり上げにくくなりますが、ゆっくりと引き上げてください。

  • 脚の付け根までしっかりと上げてください。

  • 胸の下の位置まで、徐々に生地を上げてください。

  • 船を覆ってから、お腹回りの生地をつっぱらないように沿わせます。肩紐を通しやすくするために、脇下までしっかり上げてください。

  • 十分に注意しながら片方の腕ずつ肩紐に通し、できるだけゆっくり肩まで引き上げてください。
    ※背中と肩紐は他の人に手伝ってもらうとスムーズに着用できます。

  • 折り返した裾を戻し、もう一度前身頃全体の締め付け感を均等にし、脇、胸元の位置を調整して下さい。

  • 完成。

MEN'S(ハーフスパッツ)の正しい着方
無理に強く引っ張ったり、一箇所に強い力をかけたり、爪を立てたりしないようにしてください。
  • 裾の滑り止めを折り返し、足を通してください。

  • シワができないようにゆっくりと丁寧に引き上げます。

  • 後ろ側も同様に、シワができないようゆっくりと丁寧に引き上げます。

  • 脚の付け根までしっかりと上げてください。

  • 折り返した裾を戻し、ウエスト部分を腰骨の上まで上げてください。

  • 完成