人に決められたからではなく、『自分のために』泳ぐ楽しさ

競泳選手
渡辺 一平 Ippei Watanabe(TOYOTA)

「やらされている」感覚からの脱却

2017年に200メートル平泳ぎで2分6秒67の世界記録(当時)をマークした渡辺一平選手が頭角を現したのは、高校時代。3年生だった2014年の南京ユース大会は、200メートル平泳ぎで金メダルを獲得しました。早稲田大学2年生だった2016年には、リオ大会に出場。17年には世界新記録を出し、19年の世界選手権で銅メダルと世界大会で安定した活躍を見せています。しかし、幼少期は思うような結果が出ず、将来を諦めていました。
「中学生までは、全国大会では決勝に残れませんでした。タイムも日本一の選手とは7秒くらいの大差。どれだけがんばっても結果を出せない。全員が夢をかなえられるわけじゃないから、僕はかなえられない方の人なんだと諦めかけていました」
厳しい練習をこなしても結果が出ず、両親やコーチの期待も重荷に感じるほど、渡辺選手にとって水泳が大きな苦しみになっていました。しかし、水泳を辞めると決めたタイミングで考え方が大きく変わりました。
「中学までは、両親やコーチにやらされている感覚で、成績も伸びず、水泳も嫌いになっていました。中学3年生のとき、両親が出場を期待していた山口国体に出て、そこで水泳を辞めようと思っていました。でも、国体の帰り道に亡くなってしまった友人が僕について「世界大会で活躍してほしい」と話していたということを聞きました。その言葉を実現するために、これからは『自分のために』泳ごうと決めました。厳しい練習でも、誰かにやれと言われたからではなく、自分が強くなるためにやろうと思うと水泳が楽しくなりました。そこから急激に記録が伸び始めました。スポーツを『やらされている』感覚の人はたくさんいると思いますが、少し考え方を変えると、楽しいという感覚が生まれ、結果も出していけると思います」
目標から逆算して、段階的な目標と課題を自分で考えて、仲間と楽しく練習する中でやり遂げる。コーチが決めたのではなく、自分が必要だと思った練習に取り組むことで、トレーニングの効果が大きくなりました。

1日の練習の肝は、自分で決める

渡辺選手は、自分の成長の道筋を自分で考えるようになってから、コーチが考えたメニューをアレンジするようになりました。特に重視していることは、1日の練習のヤマ場を自分で決めて取り組むことです。
「僕は、その日の練習の中で肝になる部分を自分で決めます。そのメニューだけは、絶対に設定した目標に対して譲らず、納得いく形でやりきると決めます。コーチの思惑と一致しないこともあり、自分が決めた練習の後に、コーチが重点を置くメイン練習が控える状況になることもありますが、それでも自分がヤマ場として決めた練習に全力で臨んで、体が動かなくなっても、その状態でメイン練習に臨みます」
見た目は同じメニューでも、ほかの選手とは異なる力の使い方をしているのです。だから、それぞれにコンディションが違うことを理解し、練習時のタイムもあまり参考にしていません。コーチに頼り切らず、タイムを信用し過ぎず、信じるのは自分が描いた成長曲線です。渡辺選手は「自分で決めた」ことに重要性と強い責任を感じています。
「練習では、どれだけ自分を追い込めるかということを考えています。水泳では、試合よりも練習のときに速いとか、反対に試合になると強いと言われる選手がいます。練習でタイムが出ていないときにレースで勝つと『才能だ』と言われることがありますけど、でも、練習でがんばっていないのに試合で突然良いタイムが出ることはないと思います。体が動かない状態でもやり続けるから、本番で力が出せるのだと思います。「練習では速い」と言われる選手は、もっと(指導者の与えるメニューより負荷をかけて)やるべきでしょうね」
考え抜いて覚悟を持って決めた道だからこそ、すぐに結果が出なくてもぶれることなく突き進むことができます。
「僕は2017年から自己記録を更新できていません。でも、やって来た練習は間違っていないと思っています。近道はないし、遠回りの方が内容の濃い人生だとも思います。絶対に全員が報われるわけではありません。でも、夢を諦めずに努力している人にしか、夢のチャンスは回って来ないと思っているので、チャンスは回って来ると心に刻んでがんばっています」

REACH BEYOND TIME

GX・SONIC V

水着に求めるのは、浮力

渡辺選手は、高校1年生のときに試着でミズノ製品を着用して、自己ベストを大幅に更新。以来、ミズノ製品を愛用しています。「みんなが良いと言うからという理由ではなく、自分で考えて選んだ方が後悔しない」という考え方で、ほかの水着と履き比べた結果、浮力が選択の理由になったそうです。「僕が水着に求めているのは、できるだけ力を使わずにボディポジションを水面に近い位置で保持できる補助機能。平泳ぎは、水をかいた後の抵抗をできるだけ小さくしなければいけません。締めつけが強めの着用感が気になるという方もいるようですけど、浮力の助けは大きいと感じています」とポイントを明かしてくれました。