陸上で磨いた“精神力”で、熊本をもっと元気にしたい

2017ミス・ユニバース・ジャパン熊本代表
野口 真未 Mami Noguchi

応援してくれる人への“感謝の気持ち”が原動力に

2017ミス・ユニバース・ジャパン熊本代表の野口真未さん。高校や大学では走幅跳や三段跳の選手として陸上部に所属し、高校の時には全国大会にも出場しました。現在は熊本大学法学部で学ぶ野口さんがミス・ユニバースの大会に出場したきっかけは、2016年に発生した熊本地震でした。 「避難所生活やボランティア活動を通して、全国の皆さんからの応援を肌で感じて感謝すると同時に、私も何か私にできることからはじめようと思いました。ミス・ユニバースに応募したのは、ミスとして熊本が復興に向けて歩みだす姿や熊本の魅力を情報発信することで、熊本をもっと元気にしたい、熊本に貢献したいという想いがあったからです」
実際に熊本代表への選出後、ブログを含め情報発信する機会が一気に増えたといいます。
「ずっと、被災した現地や復興に向けてがんばる人々のもとに足を運び、自分で話を聞いて書くことを大切にしています。でも始めた当初は、簡単には傷ついた心を開いてもらえず、話を聞けないこともあって…。あの時はもどかしい気持ちでいっぱいでした」
伝えたいのに話してもらえないという、辛さを味わいながらも、何度も現場に足を運ぶといった努力を重ねることで、話を聞いてもらえるようになっていったそう。
「諦めずに粘り強く努力することは、陸上を通して身についたもの。家族や友人、さらにはミス・ユニバースとしての活動を応援してくださる方々への“感謝の気持ち”が大きな原動力になりました」

休日の旅行が、オンタイムの活力源

ミス・ユニバース・ジャパン熊本代表としての活動や、法科大学院の受験勉強に励んだ野口さんにとって、オフタイムの一番の楽しみは旅行。地元・阿蘇山までのちょっとしたドライブから海外まで、旅の距離や滞在時間はさまざま。
「非日常の気分を味わえるところが好きなんです。ミス・ユニバース・ジャパン日本大会や法科大学院受験の時は、終わってからのご褒美旅行を計画していました。どちらも大きな目標でしたが、旅行を楽しみにがんばることができました」
ミス・ユニバース・ジャパン日本大会後は、大会中に仲良くなった他県の代表と一緒に海外も旅したそうです。
「日本大会の前にビューティキャンプという2週間の合宿があるのですが、そこで同じ目標をめざして一緒に高め合ううちに、お互い同志のように(笑)。今では一生の友達と言える存在です」
将来は弁護士をめざす、と野口さん。
「ミス・ユニバースとしての活動を通じて、心のいたみを想い、心に寄り添うことの難しさを改めて感じました。だからこそ、困っている人の心に寄り添えるような弁護士になることをめざしています。そして、熊本に貢献できる人間になりたいですね」

REACH BEYOND ITEM

コンパクトミラーと刺繍のハンカチ

■ 陸上部でがんばった記憶が蘇る!

コンパクトミラーはミス・ユニバース・ジャパン日本大会前に、ハンドメイド刺繍が施されたハンカチは法科大学院の受験前に高校陸上部の同級生からプレゼントされたもの。両方ともお守り代わりにいつも持ち歩いているそう。これを見れば、きつい練習をがんばった陸上部時代の記憶が蘇り、苦しい時でも力をもらえます、と野口さん。