コーチが持っていた日本記録の更新は通過点。さらに上をめざし続ける

陸上競技選手
橋岡 優輝 Yuki Hashioka(日本大学)

気持ちに余裕が生まれたことで、自然に
壁を乗り越えられた

走幅跳種目において、2019年に開催された第30回ユニバーシアード競技大会で優勝、2017~2019年の日本選手権3連覇など、日本走幅跳界のエースといえる橋岡優輝選手。一度日本記録を更新したことがある橋岡選手ですが、これまでの競技人生の中で一番高い壁は高校時代に8mの記録をめざした時の経験だったといいます。
「高校記録は当時から7m96cmで、『高校記録塗り替えをめざすなら、いっそのこと高校生初の8mジャンプをめざそう』と考えたんです。もちろん自分自身を客観的に見て、その想いを実現する力が備わっていると考えての設定でした。でも、『絶対に跳んでやろう、跳べるはずだ』と考えれば考えるほど、記録は伸びませんでした」
結果的に高校生初の8mジャンパーになるのはもちろん、高校記録の更新も叶いませんでした。
「今考えても跳ぶ実力とチャンスはあったと思います。ただ、欲に駆られてしまい、自身の内面に大きな壁を作ってしまった。しかもクリアできると考えて設定した目標をなかなか越えられないことで、自分のジャンプを見失いかけてしまいました。何を改善すれば8m超えのジャンプができるのか、改善の優先順位すらわからなくなってしまったんです」
自身が想像する以上に高かった8mの壁。ところが大学生になってすぐに、その壁を難なくクリアしてしまいました。
「高校生の時は『絶対に高校記録を作る!』という想いが強かった。しかし、8mを跳ぶ先輩選手がいる大学に進学した結果、8mの存在が壁ではなく単なる通過点だと思えるようになったんです。すると、そんな環境や想いが心に余裕を生んだのか、ほどなく8mの壁はクリアできました」

森長正樹コーチが持っていた日本記録更新
は通過点

陸上を楽しむ気持ちこそが、記録をめざすモチベーションになると語る橋岡選手。競技のことを考えるのは練習や試合の時だけだといいます。
「練習や試合の時は始まった瞬間から『どうやったらより遠くへ跳べるのか』をずっと考えています。ただ、練習や試合が終われば、競技や走幅跳のことはまったく考えませんし、自宅で自分のジャンプを含めた走幅跳のビデオを見ることも一切しません」
練習が終わった瞬間「何を食べに行こうか」と考えてしまうほど明確にオンとオフの線を引くのは、自身の性格による部分もあるという。
「どちらかというと考えすぎる性格なのかもしれません。練習中などは考えすぎるぐらいが良いのかもしれませんが、考える必要がないプライベートの時間まで考えてしまうと抜け出せなくなってしまう。意識して切り替えているわけではなく、自然に切り替わるようになったんだと思います」
これからの目標について聞くと、目の前の目標をひとつずつクリアしながら遠くの目標に向かうタイプだと自身を評した上で、今は2019年の世界選手権での目標達成をめざしています。
「世界選手権で目標である入賞という結果を残し、しっかりと2020年の東京につなげていきたいですね」
また、日本記録について2019年8月17日に出した8m32cmという記録はあくまで通過点のひとつだ、と橋岡選手。27年間破られることのなかった8m25cmという当時の日本記録保持者は森長正樹コーチ。
「今回コーチの持つ日本記録を最初に破れたことは嬉しく思いますが、日本記録保持者とはなれなかったので、また日本記録を超えられるよう目指します。」

REACH BEYOND ITEM

試合用シューズ

自分の夢を実現させるための大切なアイテム

「走幅跳において、自らの身体以外で一番記録を左右するのはシューズです」と語る橋岡選手の試合用シューズには、ソール部にカーボンプレートが搭載されています。反発を生み出すカーボンプレートの力を100%引き出すには大きなパワーが必要。橋岡選手のシューズには、そんなカーボンプレートをソールからつま先まで全面に搭載しており、類い希なるパワーを備えた橋岡選手だからこそ扱えるシューズになっているそう。