卓球

2.74m×1.525mの小さな台上で繰り広げられる戦いは、わずか直径40mm、重さ2.7gのボールが勝敗を分ける。
相手コートに打ち込んだボールの体感速度は時速160km近く、相手が打ったボールを打ち返すまでの時間はわずか0.1秒程度と、瞬きすら許されない。
そんな0.1秒単位の打ち合いの中で、肉体の全感覚を総動員して瞬時に相手の思考を読み解き、心を揺さぶりながら、勝利に向けて冷静に己の戦略を実行する。
最もボールの体感スピードが速く、そして最も心理戦の要素が強いといわれているスポーツ、それが卓球だ。
肉体と頭脳、そしてハートをも極限まで鍛え抜いた選手たちが見せる、勝利への執念とプライドを賭けた戦いは決して見逃せない。

#TABLE TENNIS

“よく飛び、よく回る”ボールが打てるラバーをめざして探求を続ける

卓球用具開発担当 樋口 直矢

Story

勝負どころで選手の力になるシューズを生み出し続ける

ラケットスポーツシューズ企画担当 中谷 俊貴

Story

選手とサポート担当対談

福原 愛×玉山 茂幸

Story

卓球女子日本代表 応援動画

Movie

HISTORY

ミズノによる卓球日本代表選手の応援、サポートの歴史は1988年にさかのぼります。
歴代の世界大会で代表選手が着用してきたウエアには、当時最先端の機能性とデザイン性が盛り込まれました。
その変遷は卓球日本代表選手の栄光の歴史であり、影ながら勝利をサポートし続けたミズノの進化の歴史でもあります。