やってみよう!プログラム紹介

1.安全の心得

  • ○事前に十分なウォーミングアップをしましょう。
    ○身体を水になじませてからプールに入りましょう。
    ○体温の減少を避けるため、長時間水につかったまま過ごさないようにしましょう。
    ○プールサイドは滑りやすいので走るのはやめましょう。
    ○塩素を含んだ水で皮膚が乾燥しやすくなるので、水から出たらタオルで身体をよく拭きましょう。
    ○体調の悪い時は無理をしないようにしましょう。
    ○プールに入る時はアクセサリー類を外しましょう。
    ○女性の場合は化粧を、男性の場合は整髪剤などを落としましょう。
    ○妊婦は事前に産婦人科医の許可を受けましょう。