アクアフィットネスとは

アクアフィットネスとは、「水の特性を生かした水泳を含む水中運動」の総称で、そのルーツは古く古代ローマ時代にまで遡ります。その当時の人たちは水によって身体を鍛え、戦士たちは戦いによって傷つき弱った身体を、水のリハビリテーションで癒していたのです。
現代では、こうした先人の知恵に学び、アクアフィットネスを体系づけ、具体的に健康増進と病気療養に活用することが提唱されています。

アクアフィットネスの3つのタイプ

  • (1)水中運動(アクアエクササイズ)
    陸上と同じ運動を水の中で行うもので、水中ウォーキング、水中ジョギング、水中体操(ストレッチ含む)、水中エアロビクスなどがあり、水中運動(アクアエクササイズ)は、たとえ泳げなくても背の立つところであれば誰でも容易にすることができます。
  • (2)水治療
    ヨーロッパと同じく日本でも温泉療法がかなり古くから行われたように、温泉、水流マッサージ(ジャグジー、流水プールなど)、海藻や海水、泥ラジウムなどを使用したテラピー(療法)などがあります。
  • (3)水泳を通じた運動
    従来から行われてきた競泳(クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ)、日本泳法、シンクロナイズドスイミング、さらにはスキンダイビング、スキューバダイビング、サーフィンなどの応用スポーツもこのジャンルに含まれます。

水の4つの特性/ 水の特性を大きく4つに分けてご紹介!

1.水圧は心臓の味方

水圧は、標準的な体型の人で1,300kg程度にもなります。水深が深くなるほど水圧も大きくなるため、下半身から心臓へと戻る血液の循環がしぜんと良くなるのです。また、胸部にかかる水圧が適度な負荷となり呼吸筋を鍛えます。心肺機能をアップさせるのに、いっそう効果的です。

2.水の抵抗は筋力アップの味方

水の中で手を動かしてみてください。水があなたの手を押し戻そうとするのが感じられるはずです。それが抵抗です。この水の抵抗の不思議なところは、動きが速ければ速いほど大きな抵抗となり、ゆっくりと動かせば小さくなるということです。つまりそれは、体にかかる負荷を自分の意志で自由にコントロールできるということなのです。アクアエクササイズは人それぞれにふさわしい負荷とペースで運動を維持できる画期的なエクササイズです。

3.浮力は関節の味方

陸上でジャンプすると、着地の瞬間、膝には体重の2~3倍もの負荷がかかります。これに比べ水中では体重が陸上の10分の1程度(首までつかると)に減少するため、ジャンプ時の衝撃をほとんど受ける事がありません。アクアエクササイズがリハビリテーションとして安全で効果的なのはこのためです。また水に浮いているだけで、筋肉がリラックスし血液循環が良くなるため、極めて高いリラクゼーション効果を得られ、ストレス解消も期待できます。

4.水温は脂肪燃焼の味方

人間の体は水の中ではたちまち体温を奪われてしまいます。それは水が空気に比べて熱を伝えやすいからです。しかし私たちの体はそれに対して、体内のエネルギー生産を高めることによって体温を上げ、維持しようとするのです。アクアエクササイズがシェイプアップ効果の高いエクササイズなのはこのためです。また、逆に運動によって上昇した体温を水が下げてくれるため、長時間のエクササイズが可能になります。

水中運動のメリット / 水中での運動にはどのようなメリットがあるのかチェック!

  • 1.泳げない人でも楽しめます
    「プール」という場所の制限は受けますが、基本的には天候に左右されずに、一緒に運動する相手を必要とせず(長続きのコツは仲間・友達づくりですが)、好きな時に自分のペースで楽しめます。 顔を水中につける必要がないので、泳げない人には水に対する恐怖感が少ないのも特徴です。
  • 2.リラックスしてラクに運動が楽しめます
    浮力が働くことにより、体重が軽くなり、無重力に似た状態の中で、陸上の運動に比べてより安全により効率よく運動の効果を得ることができます。
  • 3.個人のレベルに合わせた負荷の設定が可能です
    水の抵抗が働くことにより動作のスピードが大きくなれば抵抗も大きくなり、動作のスピードが小さくなれば抵抗も小さくなります。さらには手足の使い方により水の抵抗を増減することができます。このようにして水の特性を利用して水中では個人のレベルに応じた負荷を設定することができます。
  • 4.生活習慣病の予防・改善に役立ちます
    無理のない運動強度で有酸素運動をすることにより、体脂肪を燃焼して肥満の解消が期待できるだけでなく、糖尿病や高血圧・高脂血症など生活習慣病の予防・改善に役立ちます。
  • 5.心肺機能が改善され、血液の循環がよくなります
    水圧がかかることで呼吸筋が鍛えられ、心臓のポンプ作用が強くなり心拍数がやや増加します。さらには血行がよくなることで低温調節機能が回復し、手足のうっ血やむくみ、肩こり・頭痛などが改善されます。
  • 6.骨を強くして若さを保つことができます
    腰・膝・足首などの関節に不安がある人でも無理なく運動ができることで骨粗鬆症の予防に効果的であることだけでなく、さらにはホルモンバランスを整え、女性特有の更年期障害を克服できます。

水中ウォーキングの魅力/ 水中運動のなかでも水中ウォーキングに焦点をあててご紹介!

市民マラソン増加の影響で、最近はジョギングブームとなっていますが、走ることによる身体の各部位に与える衝撃が大きすぎることから、腰・膝・足首などへの関節の傷害が問題となっています。
陸上でのウォーキングは、日常生活を行う上で最も基本的な動作の1つであり、ジョギングに比べて身体への負荷は軽いと言えますが、肥満のため陸上での運動が困難な人や関節に不安を抱えている人にとってはやはり気軽に取組める運動とは言えません。
一方、水中ウォーキングは、水から受ける浮力により体重が軽くなることを利用して自分にあった負荷を自由に調整することができ、運動する人の身体的特徴・傷害の有無・運動レベル・年齢等を問わず健康づくりに役立つものと考えられます。