MIZUNO

KIDS & JUNIOR

学ぼう足のこと

学ぼう足のこと

学ぼう足のこと

足の裏の形状・骨格など、子どもの足は大人の足とは違う構造になっています。
お子様の足を健康に育てる上で、知っておくと役立つ知識が満載です。

子どもの足はどんな足?

「かかとが小さい」「やわらかい」不安定な足です!

キャラクター

子どもの足は骨が成長途中なのでまだまだ柔らかく、不安定です。赤ちゃんの足に関しては、その骨の約70%が軟骨と言われています。この軟骨は、個人差はありますが、一般的に17~18歳までに完全な骨へと成長します。

1歳半
歩き始めた頃の赤ちゃんの骨は1つ1つの骨が小さく離れ離れの軟骨状態
4歳
骨のかみ合いが進んでくる頃。骨の数はそろっても骨そのものは「やわらかいまま」
12歳
骨が全部そろう頃。ぷくぷくとした足がだんだんと引き締まり骨そのものが硬く安定していきます。

足のアーチ(土踏まず)は成長とともに形成されます!

体全体を支えたり、足にかかる衝撃を緩和してくれるのが足裏にある3つのアーチ。

生まれたての赤ちゃんにはほとんどなく、歩いたり、走ったり、たくさん足を使うことで、骨や筋肉と共に徐々に形成されていくのです。

健康な足づくり、アーチ形成のためには、靴選びと、靴の履き方がとても大切です。 お子さんの足に合った慎重な靴選びと、靴の履き方をお子さんと一緒に習慣化していきましょう。

靴の履き方 >>
靴の選び方 >>
足のアーチ(土踏まず)
足の成長のイラスト
3歳ぐらいから土踏まずの形成が進んでいき、大人のような土踏まずに近づくのは10~11歳ごろなんだよ。

1年間で1cm近くも大きくなります。

子どもの足は、2歳ごろまでの成長が非常に早く、1年間で 1.5-2cm、また2~3歳の1年間ではで約1cmのペースで足の長さが成長すると言われています。 足の長さの成長に個人差はありますが、シューズと足のつま先の間に0.5cm程度の余裕があるか、お子さんの足を頻繁にチェックしてあげるようにしてください。

足のサイズの測り方 >>
1年間での足のサイズの変化