好きなことだったら
頑張って続けられる。
なにかを好きになるのは
すごくいいことだと思う。

野球を始めたきっかけはなんですか?

お父さんとのキャッチボールがきっかけ。

髙山選手:小学校1年生の頃だったかな。お父さんと公園でキャッチボールをしている時に、たまたま通りかかって声をかけてくれた人がいるんだけど、その人がなんと野球チームのコーチで。ほんとに偶然というか、それがきっかけで野球を始めることになったね。

小学校の頃に好きだったあそびはなんですか?

走ったりボールであそんだり運動が好きだった。

髙山選手:好きだったあそびは、走り回ったり、鬼ごっこしたり。あとボールを使って、ドッジボールとかサッカーとかをやってたかな。けっこう運動は好きだったかなと思う。

小学校の頃の夢や目標はなんでしたか?

ずっとプロ野球選手になるのが夢だった。

髙山選手:小学校1年生で野球を始めてから、もうずっとプロ野球選手になりたいと思って野球を続けてた。今こうやってプロ野球選手になるという夢は叶ったんだけど、この年齢になって考えると、やっぱりもっと活躍したいとか、優勝したいとか、そういうことが今の夢というか目標かな。

監督でなにが変わりますか?好きな球場は?

自分がやるべきことをやるそれは変わらない。

髙山選手:そうだね、監督がだれであっても、やっぱり優勝したいとか試合に勝ちたいとか、もっと活躍したいとか、そういう気持ちは変わらない。自分がやるべきことをしっかりやっていくことがだいじで、まわりがどうであってもそれは変わることはないかな。好きな球場はやっぱり甲子園と言っておいた方がいいでしょう(笑)。

野球や運動が上手くなるコツはなんですか?

自分がなりたいものをずっと好きでいること。

髙山選手:僕はいろんなスポーツをやってきたけど、やっぱり野球が一番好きで野球選手をめざしていたし、自分がなりたいものをずっと好きでいることが一番の近道だと思う。小学生の頃は勉強もしなくちゃいけないけど、時間はたくさんあるからいろんなことに挑戦できる。僕くらいの年齢になると、もうみんな仕事が決まっていて選択肢が少なくなってくる。だから、やっぱり子どもの頃にいろいろやりたいことに挑戦したり、なにかひとつ夢があるならそこに向かっていけばいいと思う。

たつさすけくん みずくろりゅうきくん

髙山 俊Shun Takayama

所属:阪神タイガース ポジション:外野手(背番号9) 生年月日:1993年4月18日
出身:千葉県 経歴:2009年 日本大学第三高等学校 2012年 明治大学 2016年 阪神タイガース
獲得タイトル:新人王(2016年)