最初から大きな目標で
なくてもいい。
小さな目標の積み重ねが
夢につながっていく。

サッカーを始めたきっかけはなんですか?

親友と一緒にサッカー部に入ったのがきっかけ。

加地氏:小1の頃、親友がサッカー部に入ると言うので、僕も一緒に始めたのがきっかけかな。最初はとくにサッカーに興味があったわけではないんだけど、サッカーを始めてからキング・カズ(三浦知良)さんにすごく憧れて。学校が終わって家に帰ったらすぐに練習をしてたよ。ドリブルの練習をしたり、壁にボールをあてて1人でトラップの練習をしたり。トラップして蹴ってトラップしてまた蹴って、というのをよくやってたね。

小学生の頃の夢や目標はなんでしたか?

地元で一番の選手にそこから少しずつ大きな目標へ。

加地氏:夢はやっぱりサッカー選手になることだった。僕は兵庫県の淡路島出身だったので、まず地元で一番の選手になろうと思った。次は兵庫県で一番の選手に、その次は全国で一番の選手に、という感じでちょっとずつ目標を大きくしていった。最初から日本代表になるという大きな目標ではなくて、今入ってるチームの中で一番上手くなったら次はもっと有名な選手になろうとか、小さな目標を少しずつクリアしてきたことが今につながっていると思う。

サッカーが上手くなるコツはなんですか?

とにかく楽しむこと憧れの選手を真似するのもいい。

加地氏:サッカーを好きでいること、楽しむことがだいじ。あと僕は子どもの頃、カズさんみたいにドリブルしたり、得点したいという気持ちがすごくあったんだけど、自分がこんなプレーをしたいという憧れの選手がいたら、その真似をするのもいい。例えばトップの選手がどんなシュートを撃っているのかをテレビで見て、それを自分でもやってみる。ちょっと練習しただけだと上手くならないので、それを毎日毎日続けることがコツだね。

日本代表に選ばれるため、どんな練習をしましたか?

得意なプレーを伸ばすだけでなく苦手を克服する。

加地氏:自分の得意なプレーを伸ばすことかな。僕の場合はクロスとかディフェンスでの一対一の強さとか。でも、苦手なプレーも克服しないと代表には入れない。例えばシュート。フリーでシュートを撃ったら簡単に入るよね?でも試合ではそうはいかない。ディフェンダーがついてプレッシャーをかけてくる。だから試合に近い状況をつくって練習しないとなかなか上手くならない。練習でもディフェンダーをつけたり、ディフェンダーがついていることをイメージしながらやるともっと上手くなると思うよ。

一番自分のためになった練習はなんですか?

自分で考えながら練習するそれがプロへの近道。

加地氏:得意なこと不得意なことを毎日練習すること。そして、どうやって練習したらいいか、人に聞く前に自分で考えてみることがだいじ。ただボールを蹴ってるだけじゃなく、点をとるためにどうしたらいいんだろう、ボールを奪ったり、相手に抜かれないためにはどうしたらいいんだろうと考える。そして、それができたか、できなかったかを1日1日練習や試合で確認する。できなかったら、なぜできなかったかを考える。もしみんなが将来サッカー選手をめざすなら、その積み重ねがプロになるための近道じゃないかな。

やまざきひなたくん ふじたくうとくん

加地 亮Akira Kaji

元プロサッカー選手・元日本代表 ポジション:DF / MF 生年月日:1980年1月13日
身長・体重:177cm・75kg 経歴:1998-2001 セレッソ大阪 2000-2001 →大分トリニータ
2002-2005 FC東京 2006-2014 ガンバ大阪 2014 チーヴァス・USA 2015-2017 ファジアーノ岡山