1

ゴルフとの出会いは?

初めてゴルフに触れたのは小学生のとき。子供用のクラブを買ってもらって、父に連れられて練習場へ行ったのが最初ですね。その後、中学生でラウンドデビューをして以来、現在に至るまでゴルフから離れたことはありません。といっても、部活動でゴルフをしていたわけではなくて。高校は全寮制だったのですが、そこに練習場があったり、アメリカ・カリフォルニアの大学院に留学したときも学校がペブルビーチのすぐ側だったり…と、たまたまなんですけど、常にゴルフ環境が抜群で。特にアメリカでは、練習場も2時間打ち放題で$20以下、さらにラウンドも午後3時以降のスタートだったら約$15と、打ちっぱなしで練習するよりラウンドしたほうが安上がり(笑)。そんな環境だから、授業終わりにクラスメイトとよくラウンドしましたね。

2

鎌倉生まれ鎌倉育ち、
現在も鎌倉にお住まいですが、
どんな毎日を送っていますか?

証券会社時代は、朝6時過ぎに出社し、接待があるときは深夜になることも多々…という毎日でした。当然、鎌倉から通うのは難しいですから、代官山、参宮橋、祐天寺と住みました。でも、どうにも酸素が足りない!と(笑)。やっぱり海の側がいいと思い、7年ほど前に鎌倉に戻りました。今は、毎朝5時~6時には起きて波をチェック。波がある日はサーフィンを、ないときはSUP、風があればウインド、時間があればたまにウェイク…という感じ。その後、10時頃には出社して、商談に出たりデスクワークをしたり、もちろん店頭に立つときもあります。夜は仕事が20時頃に終われば、有明の打ちっぱなしで練習したり。ドライブも好きなので、ちょっと走らせて箱根の日帰り温泉に立ち寄ることも。基本、アクティブに動いてないと落ち着かないタイプ。11時まで寝ていたら罪悪感を覚えるほど(笑)。休みの日ほど早起きです。証券会社時代と比べれば、今ようやく楽しみながら仕事ができていると思いますね。

店舗2階部分がオフィス。店頭販売はもちろん、BBQグリルメーカーとの調理器具の開発やレストランとのコラボメニューの打ち合わせなどで、外に出ることも多いです。さすがに商談時はジャケットを着ます。中はTシャツだったとしてもね(笑)。

3

現在のゴルフとの付き合い方は?

20代のころからずっとsurf&turfがベースです。最近はそこに釣りが入ってくることも。千葉でラウンド後、一宮あたりを車で流しながらポイントを探して波に入って。その後、いい感じのスポットがあればバス釣りも加えちゃう(笑)。マリンスポーツは基本、なんでもやりますけど、SUPなんかはトレーニングとしても最高ですよ。1時間くらいかけて沖に出て、戻ってくるだけでゴルフにも必要な体幹が鍛えられますしね。ラウンド数は月に4〜5回。自分のメンバーコースだけでなく、いろんなコースでプレーしています。一緒に行くのは、高校時代の同級生や仲のいいエディターやクリエイターたち、あとは自分の両親など家族ともよく行きますよ。

4

ゴルフシューズを選ぶ際のこだわりは?
今回着用した「WAVE CADENCE」の感想は?

いちばん大事にしているのは、履き心地。足の裏でフィーリングを感じたいタイプなので、ソールの柔らかさは重要。この「WAVE CADENCE」はソールが柔らかいだけでなく、甲のフィット感がすごくいいですね。ショートソックスを履くとベロが素肌に当たって痛い場合があるけど、これはベロの部分も柔らかいし。通気性もばっちり。

年に2回はsurf&turfトリップに国内外へ。ハワイ、バリ、宮崎、高知といい波があるところには、いいコースもあるんです。ボードとクラブ、どちらも必ず持っていくので、荷物は多くなりますけど(笑)。

「TOKYO COWBOY」の店内は、西海岸のセレクトショップが肉屋をやったら…という発想で設計してもらいました。自分が過ごしてきた鎌倉、カリフォルニアの匂いをつけたくて。高級感があって、でもカジュアルで気負わないというのがコンセプトです。

【TOKYO COWBOY】http://www.tokyocowboy.jp/
東京都世田谷区上用賀1-10-16 TEL:03-6805-6933 10:00〜18:00 水曜定休

5

このシューズを
どんなスタイルに着こなしたいですか?

ウエアもブランドで選ぶというよりは、靴同様にデザイン、着心地、機能性の3つを重要視しています。裾を外に出してもOKなコースの場合を考慮して、丈感は必ずチェックしたいので試着も必ずしますし。最近はゴルフ専用にこだわらず、サーフパンツでもポケットつきのものなんかは、水陸両用ってことでゴルフに着ていくことも。ミズノは“硬派”っていうイメージでしたけど、今回のシューズはカジュアルにも合わせやすいし、自分のテイストにも雰囲気的にすごく合ったのは、いい意味で驚きでした。すごく柔軟性を感じます。今回履いた赤だったら、モノトーンスタイルのポイントとして効かせる着こなしがしたいですね。

愛車はシボレーのアバランチ。こいつは3年目になるかな。前はダッチのラムバン。いずれにせよ、荷物をたっぷり積めることが車選びの絶対条件ですね。海でも山でも、ありとあらゆるスポーツに対応してくれないと。これは四駆なので冬山にも最適。都内で駐車場を見つけるのは大変だけどね(笑)。

6

あなたにとってゴルフとは?

人生と同じ、悪い時もあればいい時もある、というのがゴルフ。僕にとっては永遠の課題かな。やるからには極めたいとは思いますよ、やっぱり。だから目標は片手シングル。とはいえ、現状をキープするのだって大変。それでも、まだ上達の伸びしろがあると思えるから努力もできるんじゃないかと。もしかしたら、そんな今がいちばん楽しいのかもしれないね。また、年を重ねていくことで、ゴルフを通じた人とのつながりも実感しています。ゴルフを通じて仕事の話になるところも最近は増えてきました。ゴルフは相手のこともよくわかるスポーツだけに、ビジネスにはすごくいいツールだとも思います。

WAVE CADENCE

オープン価格
カラー レッド×シルバー×ネイビー
サイズ 24.5~27.0,28.0,29.0cm

※普段履きでのご使用はできませんのでご注意願います。

URL http://www.mizunoshop.net/f/pn-51GM1750

  • 上野望 Nozomi Ueno
  • 鈴木肇 Hajime Suzuki
  • 神長周兵
  • 日紫喜康一郎
BACK TO TOP