ドッジボールウエアのルール

※チーム名のマーク及び番号に関しては、各都道府県協会の審査があります。
作成前に必ず各都道府県協会にお問い合わせください。


 

選手用ユニフォームの【ユニフォーム検定(※1)】ならびに【選手番号検定(※2)】の裁量および裁定を有すのは『あくまでも登録(D-1,D-1G)チームが所属する都道府県協会』であり、そしてそのコントロールは『都道府県協会・競技委員会(競技委員長)』となります。

選手用ユニフォームの製作に当り、疑問(懸念)事項や不明点等が生じた場合は、“必ず所属の都道府県協会(競技委員会)”までお問い合わせ下さい。

  1. (※1)⇒ 特に決まった検定フォーム等はありません。≪各都道府県協会に検定要領(手順)および形式フォームは一任≫

(※2)⇒ JDBAフォームメーラー(web)上より、所定の検定フォームにて選手番号検定の申請が定められています。≪JDBAチームサイトからの申請が必須≫
. ↓
申請の後、JDBAより申請チームの所属協会へ検定フォームが転送されます。転送された以降は、選手番号に係わる検定結果が当該(各都道府県)協会より、申請チーム側へ通知されます。

 


 

【ユニフォームの色彩・仕様について】


    (1) シャツ

  • シャツの下にアンダーシャツを着用する際は単色無地のものに限る。単色無地であればチーム内における、色・袖長さ・襟長さ・素材の異なりは可とする。(着用の有無プレイヤーの混在も可)尚、アームウォーマー・アームカバーの類はアンダーシャツと同等とみなす。(シャツとアンダーシャツが同一メーカーである必要はない)
  • シャツの製造メーカーはパンツと同一である必要はない。

  • (2) パンツ

  • パンツの下にアンダーパンツを着用する際は単色無地のものに限る。単色無地であればチーム内における、色・丈長さ・素材の異なりは可とする。(着用の有無プレイヤーの混在も可)尚、タイツ・スパッツの類はアンダーパンツと同等とみなす。(パンツとアンダーパンツが同一メーカーである必要はない)
  • パンツの製造メーカーはシャツと同一である必要はない。
  • パンツはシャツと同じ色彩である必要はない。

【ユニフォームの表示(場所・大きさ)について】

(1) 選手番号《必須》

  • 選手番号は服地と明確に区別し得る色彩、文字体(フォント)でなければならない。(服地が縞柄の場合も同様、容易に選手番号の判別が可能な状態であること)
    ※選手番号は1~20番を使用

(2) チーム名《任意》

  • シャツ 前面右胸もしくは左胸1ヶ所《40cm2以下(4×10cm)》
    もしくは前面および背面の選手番号の上部《高さ6cm×幅30cm以内》
  • 選手番号上部のチーム名の高さ(6cm以下)については、全幅の50%を上限として6cmを上回ることを可とする。
    ※選手番号と重なってはいけません。
    ※チーム名は、文字(和英どちらでも可)、数字、イラスト、マークで表示ができ、チーム名表示を複数箇所行う場合は、全てのチーム名表示を同じデザインとしなければならない。

(3) 所属都道府県名(活動地域名)《任意》

  • シャツ 左袖もしくは左胸1ヶ所 《40c㎡以下(4cm×10cm)》
    ※都道府県名は活動地域名の表示でも可とする。(県、市、町などの有無は問わない)

(4) 製造メーカー名(ロゴマーク)《任意》

  • シャツ 右胸もしくは左胸1ヶ所 《25c㎡以下》
  • パンツ 左右・前後面 いずれか1ヶ所 《25c㎡以下》