≪野菜を手軽に摂れる間食≫

日本各地、梅雨入りしてきましたね。ジメジメして暑くなってくると、食欲も落ちたり食生活も乱れ気味になりますね。食事の栄養バランスが崩れると、せっかくのトレーニングも効果が上がりにくくなってしまいます。このコーナーでも何度か触れていますが、身体づくりにはトレーニングだけでなく、「栄養」と「休養」の三要素が不可欠です。日ごろはトレーニングのことで頭がいっぱいになりがちの方は、節目ごとにでも「栄養」や「休養」を充実させることを意識して取り組む習慣が先につながって行くと思います。

食生活が乱れ栄養バランスが崩れ、摂取量が減ってしまいがちな食材と言えば・・・大抵の方は野菜類ではないでしょうか。そこで今回は、≪野菜を手軽に摂れる間食≫のレシピをご提案したいと思います。ミズノスポーツサービス株式会社 京都・横大路運動公園支配人で、管理栄養士・健康運動指導士の吉田拓示がご紹介いたします。


運動能力の向上には、得意なことだけトレーニングするのではなく、苦手分野にも取り組むことが大切なのは皆さん認識されていると思います。それと同じように、栄養面でも好物ばかり食べるのではなく、苦手な食材のある方は、その克服!!に取り組むのもスポーツに役立つと思います。

よく言われる≪心・技・体≫のひとつである≪心≫の部分につながってくると考えられます。今回のレシピは、野菜を細かくして見た目を分かりにくくすることと、風味を分かりにくくすること、市販の食材がベースなので味付けも失敗が少ないことがポイントとなっています。普段は料理をされない男性の方も、簡単に作れると思いますよ。また、野菜嫌いなお子様も見た目に野菜と分からないので、食べられるのではないでしょうか!?

≪炊飯器で作る!野菜入りケーキ≫

≪食材 2人分≫
・市販のホットケーキミックス:150g
・卵            :1個
・牛乳           :100cc
・にんじん         :1/3本
・かぼちゃ         :1/16個
・オートミール       :1/4カップ
・はちみつ(砂糖でも)   :適量

≪作り方≫

①にんじん、かぼちゃをおろし器ですり下ろす。
②炊飯器の釜に①とその他の材料を加え、さっと混ぜる。
③炊飯器に②をセットし、炊飯のスイッチを入れる。
④炊き(焼き)上がったら、竹串で刺してみて生地がつかなかったら出来上がり。
⑤竹串に生地が付いていたら、再度、炊飯器をセットして炊飯する。

≪レシピの補足≫

オートミールは燕麦(えんばく)のことで、食物繊維が豊富という特徴があります。スーパー等で小麦粉類のあたりに陳列されていると思います。
今回は人参・かぼちゃを入れましたが、旬の野菜や果物に適宜変更し、いろいろ試してみましょう。葉物野菜なら下茹でが必要ですね。また、すり下ろしでなくても、包丁で切った状態でもかまいません。
お使いの炊飯器にケーキ調理用のモードが付いていれば安心ですし、ない機種でも普通の炊飯で大丈夫です。/p>