"やけ食い"のメカニズム!? 応援するチームの勝敗と食生活の関連性について

スポーツファンの中には、応援しているチームがある人が大勢いるのではないでしょうか。もし、そのチームが敗戦した場合、フラストレーションが溜まり、帰りの居酒屋で"やけ食い"する人もいるのでは?この応援するチームの勝敗がファンの食生活と関連する事が米国のプロスポーツ団体の調査でわかりました。

2004年のシーズンで、各チームから選んだ計726人のファンを対象に、シーズン中の食生活調査を行いました。その結果、日曜日の試合後にファンが勝敗によって何を食べているのかが明らかになり、敗戦したチームのファンによる脂肪量の多い食事の摂取は、普段に比べて、28%多くなる傾向があり、逆に勝利した場合、16%以下に下がります。また、試合に熱中しているファンほど関連性が見られ、応援しているチームへののめり込み具合や、接戦で敗戦するなどの場合にも"やけ食い"する傾向にあります。

健康にいるためにも、応援しているチームに勝利し続けてもらいたいですね。そのためにも、元気に応援し続けましょう!

写真:Thinkstock/Getty Images