成功を呼び寄せるための大胆宣言

「世界選手権で金メダルをとる」、「日本新記録を出す」など、トップアスリート達は決して簡単には実現できないような目標であっても、報道陣に試合への意気込みをたずねられると臆することなく堂々と宣言します。自身の発言がメディアを通して広く世間に知れわたることを考えると、その大胆さ、ココロの強さにはあこがれのまなざしを向けずにはいられませんが、じつはこのように達成が難しい目標を高らかに宣言することに大きな意味があるのです。

こうして宣言を公にすることは「パブリックコミットメント」と呼ばれ、口にすることによって自分のココロのなかだけでなく周囲にもはっきりと目標を知らせて、逃げられない状態をつくります。すると「公言した以上、引くに引けない」という気持ちになり、実現のために精一杯やろうとする意欲が生まれてくるのです。すると、はじめは遠かったはずのゴールにたどり着く可能性も自然と高まっていきます。

ビジネスシーンにおいては、たとえば朝礼の場で「今年度中に新たな看板商品になるようなヒット商品を企画する」などと宣言するだけにとどまらず、さらに追いこむためにデスクにあるパソコンのスクリーンセーバーに目標を打ちこんで、ふとした時にも自分や周囲の視界に入るようにして、自ら進んでプレッシャーをかけてみましょう。また同じように大きな目標を宣言する同志をつくり、達成に向けて互いに励ましあう環境をつくるのも安易にあきらめてしまわないためには良いでしょう。

写真:Thinkstock/Getty Images