運動前にはバナナ、トレーニング後の疲労回復に「酢豚定食」がおすすめなワケ

トップアスリートが高いパフォーマンスを発揮するために、睡眠と同じように大切にしているのが毎日の食事です。たとえば、フルマラソンなど競技前に何も食べないのは、燃料を積まない車でドライブするのと同じで、すぐにガス欠を起こし、最悪の場合、怪我などを引き起こす危険性も。トレーニング前には、バナナなどの果物やおにぎりで、まずはエネルギー源となる炭水化物(または糖質)を補給することを心がけましょう。

また、運動後に消費したエネルギーを補給すると同時にカラダを修復するためには、タンパク質を意識して摂取することが有効です。プロテイン飲料を利用する方法もありますが、運動直後には、牛乳や豆乳などの乳飲料や果汁100%のジュースがおすすめ。運動による発汗で失われがちなビタミン、ミネラルの補給ができ、これらは運動で傷ついた筋肉や骨を修復するのに不可欠なものです。

そして運動後の食事もタンパク質やビタミン、ミネラルのバランスが大切です。ポイントは納豆や冷奴、ひじきなどの小鉢と白米、味噌汁がついた定食を頼むこと。なかでも、「MIZUNO ZONE LAB」編集部の一押しは「酢豚」。疲労回復に効果があると言われるお酢やビタミン豊富な豚肉のほか、緑黄色野菜がバランスよく摂れ、甘みと酸味を増幅させるパイナップルにはタンパク質の消化吸収を高める酵素が含まれています。酢豚に限らず、野菜など食材の色数が多いメニューは比較的栄養バランスのとれたメニューなので、毎日のメニュー選びの時に意識してみてください。

写真:Thinkstock/Getty Images