"モノマネ細胞"で気持ちを伝えよう!

スポーツをやっていた人は「先輩のプレーを見て技を盗め」というセリフを言われたことがあるのではないでしょうか?聞き覚えのあるこのセリフには、実は脳の特別な機能が隠されています。その機能の鍵となるのが、別名"モノマネ細胞"とも言われる「ミラーニューロン細胞」です。

ミラーニューロンは1996年に発見された脳細胞で、他人の行動の理解や共感、模倣に重要な役割を果たしていると考えられ、発見当時は大きな話題になりました。たとえば、映画でロマンチックなシーンを見るとウットリし、感情を揺さぶるような激しいシーンを見ると涙するなど、感情移入をするのもこの細胞の効果です。そして、他人が考えていることを理解したり、伝えることができるこの細胞は、人とのコミュニケーションをとる際にも役立たせることができます。

たとえば、初対面の人と会話する場面では、相手の気持ちを自分と同じテンションに引き上げ、相手のミラーニューロン細胞を活性化させることが大切です。具体的には、まずは自分から本気でその人を好きになることです。そうすることで楽しげな雰囲気やフレンドリーに接するなどの行動が相手のミラーニューロン細胞を刺激し、共感の効果で相手にも自分を好きになってもらえるのです。

写真:Thinkstock/Getty Images