MIZUNO ZONE LABとは?

部活やサークルなどでスポーツに親しんでいた人の中には、大事な試合で緊張してしまった、体調を崩して本来の力を出せなかった、というような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか? 一方で、自分の思い通りに試合が流れ、体の調子も良く、すべてがうまくいく。相手に負ける気がしない。極度の集中状態にあり、ほかの思考や感情を忘れてしまうほど競技に没頭する。そんな体験談を耳にすることもあります。そのような感覚は、「領域」を意味する単語からとって"ZONE(ゾーン)"と呼ばれています。

自分の力を最大限に発揮するこの感覚は、スポーツ科学や脳科学の分野で注目され、各競技のプロリーグや国際大会などを舞台にした、数多くの逸話が残されています。実際、野球選手であれば「ボールが止まって見える」、陸上選手であれば「体が勝手に動き、苦痛を感じなかった」など、普段以上の力を発揮して、結果を残した名選手も数多く存在します。

スポーツを題材にしたマンガを読んだり、アスリートの体験談などを聞いていると、"ZONE"は「ほかの人が持ち合わせない特殊能力」のように語られていますが、これは才能がもたらすものではなく、誰でも体験することが可能なものです。日々の努力の積み重ねや反復練習によって、体と心、脳のバランスを整えることで、恵まれた身体能力や才能がなくても、練習した成果を100%以上、発揮できるようになるのです。

"ZONE"体験であれば、この感覚を生かすことで効率良く仕事をこなせるように、スポーツには仕事やプライベートなどを充実させるたくさんのヒントが隠されています。『MIZUNO ZONE LAB』では、プロアスリートも実践する極意を通して、日常生活をちょっと良くする情報を発信していきます。

写真:Thinkstock/Getty Images