グラブメンテナンス用品/ソウコウシュ

爽 香 守

【スーパーリキッド:1GJYG56200】【裏革コンディショナー:1GJYG56300】
【グラブカラーリップ:1GJYG56102/1GJYG56109】【消臭デオドラント:1GJYG56400】

グラブの手入れは、臭い対策まで!

香るメンテナンスオイル

  • スーパーリキッド:1GJYG56200
  • 裏革コンディショナー:1GJYG56300
  • グラブカラーリップ:1GJYG56102/1GJYG56109
  • 消臭デオドラント:1GJYG56400

【1】潤いと香りを与える新シリーズ誕生

ーーミズノ野球グラブのメンテナンス用品に、待望の「香り付き保革オイル」が登場しましたね。

野球グラブの天然皮革は、乾燥すると人間の肌と同様にヒビ割れなどが発生するため、使用後はオイルを使った手入れが必要です。しかし「つい塗りすぎて重くなってしまう」という技術的な問題や、「染みついた汗の臭いが取れない」といった悩みを抱えるユーザーは数多くいらっしゃいます。特に臭い対策に関しては、高校球児や社会人野球の現場においてグラブの内側にせっけんや芳香剤を直接当てて香り付けするほど、個々が独自の方法を用いています。そこで、従来のメンテナンス用品にない「香り」にまでこだわった新しい保革オイルを開発するべく、このプロジェクトがスタートしました。

ーー『爽香守』というネーミングの通り、とても爽やかで心地良いせっけんの香りが特徴的ですね。

ミズノブランドに限らず、オイル独特の甘い香りがするメンテナンス用品は数々登場していましたが、特定の香り付きである製品はほとんどありません。香りと一口にまとめても多種多様に存在しますから、開発にあたりあらゆる保革オイルを扱ってきたミズノ野球用品メンテナンスのプロ集団・テクノレップの職人達と協議を重ねました。せっけんや芝生などリラックス効果のある香りを幾つも試し、その結果やはり爽やかさや馴染みやすさという点からナチュラルなせっけんの香りに決定しました。
パッケージもいかにも野球のメンテナンス用品という仕様ではなく、白をベースにシンプルでスタイリッシュなデザインにこだわっています。『爽香守』は、従来の野球部のイメージを覆すようなまったく新しいシリーズとして誕生しました。

【2】シーン別に選べる! 4つの爽香守

ーー『爽香守』は4種類ありますが、それぞれの上手な選び方を教えてください。

メンテナンスの必要性は子供の頃から監督やコーチに教わりますが、正しい手法や製品の選び方まで教わらないこともあります。そこで『爽香守』では、メンテナンスに精通した職人達のアイデアをもとに、誰でも手軽に保革や香り付けが行えることを重視しました。
『爽香守』は、オールマイティに使用できる「スーパーリキッド」を手入れの基本とし、そこからグラブ内側の保革に適した「裏革コンディショナー」、紐のケアに便利な「グラブカラーリップ」、ミストタイプの「消臭デオドラント」をパーツやシーン別に選べる4種類を揃えています。それぞれの使用目的が明確なので、メンテナンス初心者にも選びやすく使いやすいことが特徴です。

使用シーン別チャート

【3】メンテナンスの匠が認めた品質

ーー4種類の『爽香守』について、具体的な使用方法を教えてください。

オールマイティな「スーパーリキッド」(写真1)は、購入直後はもちろん毎日のグラブ全体のお手入れにお薦めタイプです。一般的なクリームタイプと比較するとリキッドは少量でも伸びが良く、スポンジに噴きつけることで簡単に薄く塗ることができます。わずか1~2プッシュでグラブ全体に滑らかに広がり、ベタつきや塗りすぎで重くなることを防ぎます。
続いて「裏革コンディショナー」(写真2)は、グラブ内側の裏革の手入れに適した製品です。ヘアワックスのような透明ジェルに、革の酸化を防止する栄養分としてビタミンEの黄色い粒子が含まれています。裏革は通気性の悪さから手入れ自体を敬遠する方も多いですが、指で直接塗れるタイプなので適量を薄く伸ばせる上、速乾性に優れているのでベタつきにくくなっています。
そして、「グラブカラーリップ」(写真3)は見落としがちな紐パーツにお薦めのアイテムです。紐が馴染むことによってグラブの細かい動きが変わってくるので、メンテナンスのプロはその手入れを重視しています。細部まで塗りやすいスティックタイプなので、ピンポイントで簡単に手入れが行えます。
最後は、グラブ内の臭い対策にお薦めの「消臭デオドラント」(写真4)です。汗が溜まる内側にダイレクトに吹き付けられるので、手軽に香り付けができます。スプレータイプよりも均一に、量の加減もしやすく、守備手袋やキャッチャーマスクなど様々な用具への使用も可能です。
新シリーズ『爽香守』の誕生で、グラブの手入れは保革も香り付けもより手軽にできるようになりました。4種類を使い分けて、愛用のグラブを長くお使いいただきたいと思います。