2020.06.19.

梅雨時期のお悩み解決に!おすすめグッズのご紹介

梅雨時期に入ると、じめじめとした空気が漂い、なんだか気持ちまでどんよりしてしまうこともありますよね。暑さが本格化する前の時期だからこそ、快適に過ごしつつ、猛暑への備えをしたいものです。そこで今回は、梅雨のお悩み解決に役立つ商品をご紹介します!

■あなたの梅雨のお悩みは?

梅雨時期のウエアやシューズ、カバンに関するWEB調査を行ったところ、実に95%以上の方が、「梅雨の時期になると悩みが増える」と回答しました。皆さん、一体どのような悩みをお持ちなのでしょうか。

具体的にどのような悩みが増えるのかを調べると、以下のようになりました。

最も多かった回答は「洗濯物が乾きにくい」ということ。部屋干しをしてもなかなか乾かないし、ニオイが気になったりしますよね。また、次に多いのは「体がじめじめ、ベタベタする」という結果に。これは気温と湿度の上昇により皮脂分泌が過剰になることが原因とも。これらの要因を抑制するにはスポーツメーカーならではの吸汗・速乾性に優れた機能性肌着がおすすめです。まずは体のベタつきを解決する商品についてご紹介いたします。

■体がじめじめ、ベタベタするときにおすすめの肌着

梅雨のジメジメは肌着から解消するのも一つ。ミズノの「ドライサイエンスクイックドライアンダー」は生地の肌面が凹凸になっているので、肌への張り付きを軽減。速乾性にも優れているので、サラッと快適に過ごせます。また、菌の増殖を抑制し、いやなニオイも抑えてくれるだけでなく、通気性が高いので温度上昇も抑えてくれます! 男性用でVネック半袖、ノースリーブ、トランクスの展開です。

ドライサイエンスクイックドライアンダーラインナップ

■涼しいだけじゃない!汗のニオイが気になる方にも!

「アイスタッチクイックドライアンダー」はその名の通り、接触涼感素材「アイスタッチ」を採用した肌着です。熱放散がよく、肌に触れた時の清涼感が心地いい素材で、体の熱気を素早く放熱して衣服内の涼感をキープします。また、汗を素早く乾かすので暑い日でもドライで涼やかな着心地が持続します。この「アイスタッチクイックドライアンダー」には気になる四大臭(酢酸・イソ吉草酸・アンモニア・ノネナール)を抑制するテープを脇と襟ぐりに使用し、脇部分には脇パッドも付いているので汗染み対策も可能です(※ノースリーブにはつきません)。汗のニオイが気になる方はぜひお試しを!
男性用で半袖、ノースリーブ、トランクス、女性用で半袖、タンクトップ、ショーツの展開です。

アイスタッチクイックドライアンダーラインナップ

■雨の日でも、楽しく外出を♪

アンケートでは「外出をするのが億劫になる」という声も多くありました。その理由は「靴が濡れると乾かすのが大変」「お気に入りの鞄や靴が汚れるのが嫌だ」など。そこで、雨の日でも外で活動しなければならない方におすすめなのが、防水性、透湿性、撥水性に優れた商品です。
「LD40STα」は見た目は一般的なビジネスシューズですが、GORE-TEX®fabrics搭載で雨の日でも高い防水性を長く保ちながら湿気や熱を放出します。また、かかと部分にはクッション性と安定性を両立させたミズノウエーブも搭載されているので、晴雨問わず快適な歩行をサポートします。
また、カジュアルなスタイルがお好みの方には「ウエーブガゼル2」をおすすめします。「LD40STα」同様、GORE-TEX®fabricsを搭載しているだけでなく、グリップ性の高いソールでタウンユースでもアウトドアシーンでも活躍します。

ウエアが濡れるのも嫌!という方には「ベルグテックストレッチレインジャケット」と、「ベルグテックストレッチレインパンツ」を。防水、防風、透湿、耐久撥水の機能を持った「ベルグテック」素材にストレッチ性を持たせた動きやすいレインウエアです。たたんで持ち運ぶことも可能なので、急な雨など、さまざまなシーンで対応できます。
※収納袋はジャケットのみで、パンツには収納袋は付きません。
カラーはチャコール、ブルーグレー、バーニャグリーンの3色展開です。

ベルグテックストレッチレインジャケット
ベルグテックストレッチレインパンツ

最後はカバンをご紹介。一見普通のバックパックですが、レインカバーの付いたバックパックです。これがあれば急な雨でカバンの中身が濡れて大惨事に・・ということも防げます(※設計上完全に水から守るものではありません)。歩くことが多いビジネスパーソンでも、防水シューズを履き、レインウエアを着て、レインカバー付きバックパックを持てば、もう雨の日の外出も怖くないですね!
サイズは22Lと16L、カラーはそれぞれブラック、ネイビーの2色展開です。

バックパック(22L)

バックパック(16L)

■まとめ

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介した商品以外にも、ミズノではスポーツ品開発で培ったノウハウを活用した機能商品はたくさんあります。
身の回りのアイテムを新調することで、雨の日も楽しむことができたらいいですね♪

最新の記事

最新の発見隊記事

生まれ変わった「MIZUNO TOKYO」、「スポーツショップ=アスリート向け」を変える仕掛けとは?