2018.12.21.

【#ロングセラー】ミズノの愛され商品「ブレスサーモ」 寒い冬をあっためてくれる肌着

 

創業110年を超えるミズノには、たくさんのロングセラー商品があります。発売から10年以上、バージョンアップしつつ愛されている商品のひとつが「ブレスサーモ」。

皆さん、ミズノの「ブレスサーモ」はご存知ですか?
「ブレスサーモ」とは、長年愛され続けているミズノの吸湿発熱素材です。体から発生する水分を吸収し発熱する素材で、私たちの体を温めてくれています。「ブレスサーモ」の原綿は、実はピンク色です。これが、さまざまなウエアの色や形に変わり、販売されています。

ブレスサーモの原綿とウエア

ミズノのショップに行くと、「ブレスサーモ」の原綿体感キットがあるのでぜひ試してみてくださいね!あったかさを実際に体験していただけると思います。

「ブレスサーモ」の誕生はさかのぼること1992年、水分を吸収することで発熱する高吸放湿素材に注目したことがはじまりです。1994年に、スキーウエアに使用され、その後アウトドア用品としてたくさんの商品が登場しました。2012年には、より日常使いができるようにアンダーウエアが登場し、25年間さまざまな形に変わり、愛され続けてきました。

「ブレスサーモ」は、当時スキーウエアの開発担当者がウエアを自発的に温かくできないかと追求するところから始まりました。
研究していく中で、ウールは湿気を吸い、発熱することが分かりましたが、十分な温かさを提案できるレベルではありませんでした。ある時、乾燥剤とされた繊維と出会った開発者。「吸湿性能が高い大きな発熱をするのでは?」とウールの知見をいかし、評価を行ったところ、非常に大きな発熱量を持っていることが分かりました。この気づきが、ブレスサーモ完成までの初めの一歩なのです。

長年愛されている「ブレスサーモ」商品には、嬉しいお声もたくさんあります。

ブレスサーモ着用したお客様の声

などなど、多くの方がご愛用されています!ちなみに、ブレスサーモは南極に行かれた方も着用されています!普段の活動からアクティブな活動まで、幅広く使用できます!
現在ブレスサーモ素材が入ったウエアにはこのようなタグがついています。チェックしてみてくださいね!

ブレスサーモのタグ

長年愛され続ける「ブレスサーモ」で、この冬を乗り切りましょう!!

最新の記事

最新の発見隊記事

ミズノのものづくりを支える国内工場~Made in Japanはここから産まれる~ ミズノテクニクス(株)山崎ランバード工場編