2018.08.10.

部活生必見! 真夏のトレーニングにおすすめの暑さ対策アイテム

 
  • 部活生必見! 真夏のトレーニングにおすすめの暑さ対策アイテム
  • 夏真っ盛りとなり、連日真夏日が続いています。夏休み中ということもあり、各部活動の練習はいつも以上にハードになっていることでしょう。

    集中して充実したトレーニングができる一方で、心配なのは熱中症などによる体調不良。しっかりとした準備、ケアは欠かせません。

    そこで、今回は猛暑下での練習をサポートする、暑さ対策におすすめのアイテムをご紹介します!

■まずはインナーの『アイスタッチ』と『ドライベクター』。

運動して大量に汗をかくと、ウエア内が蒸れたり、体がベタベタしたりしませんか。
熱が伝わりやすい素材を採り入れた『アイスタッチ』は、速乾性に優れており気化熱を奪いやすいため、涼しく感じます。
『ドライベクター』はストレッチ性の高い生地を採用。
水分の吸収力が高く、運動時でもベタ付きを感じにくい上、嫌な臭いもカット。ウエア内を常に快適に保ってくれます。
練習中だけでなく、移動時も気温は変わらず高いので、練習前や練習後の着用もおすすめです!

アイスタッチ

アイスタッチ機能

ドライベクター

ドライベクター機能

■青空の下での活動が多い部活生には、『ソーラーカット』のトレーニングウエアもおすすめ。

目に見えない光、赤外線を遮断してくれる“クール素材”を使用、ウエア内の温度上昇を抑えつつ、汗などの水分もしっかりと吸収してくれます。加えてウエアを素早く乾かす速乾性にも優れており、暑さによるストレスを感じずにトレーニングに打ちこめます。

ソーラーカットのトレーニングウエア

ソーラーカット機能

■タオルも一工夫してはいかがでしょうか。

主にプールで使用される「吸水スイムタオル」は野外スポーツの暑さ対策にもおすすめです。吸水力が非常に高いので、「水を含ませる」、「拭き取る」の両方に使用できます。
水を含ませて頭の上で絞れば、猛暑対策に。また、高吸収なので、さっと汗も拭き取ってくれます。
ギュッと絞って水分を落とせば、何度でも同じように使えます。

吸水タオル

■本来は痛みのある患部や、練習後の炎症防止、クールダウンに使用する『アイシングバッグ』を、こんなふうに使ってみるのはいかがでしょうか。

氷と水をたっぷり入れて、おでこや首回りに当てるなど、使い方によっては、猛暑対策にぴったりのアイテムに。直径約28センチの大きめサイズが特長です。

アイシングバッグLサイズ

いかがでしたか?
夏休みは、練習に打ちこめる貴重な時間でもあります。
暑さ対策をしながら、しっかりトレーニングに励みましょう!

 

最新の記事

最新の発見隊記事

運動会に向けて特訓しよう!かけっこが短期間で速くなる“秘密兵器”を紹介!

関連コンテンツ

  • ミズノ ソーラーカット