2018.03.28.

~ミズノのものづくり動画~ シューズができるまで

 

皆さんはミズノのシューズがどのようにして作られているか、ご存知でしょうか?
今回は、「シューズ」の製造工程を動画でご紹介します!

ステップ1: 裁断

ステップ1: 裁断

抜き型やレーザー裁断機を使用してシューズのアッパー素材(足の甲を覆う靴の素材)を裁断していきます。

ステップ2: 縫製

ステップ2: 縫製

裁断した各パーツを縫い合わせて、アッパー部分を仕上げます。

ステップ3: アッパー検品

ステップ3: アッパー検品

アッパー部分に問題がないか、検査します。

ステップ4:ピッキング

ステップ4:ピッキング

シューズ製作に必要な材料を選びます。

ステップ5:準備糊塗り

ステップ5:刺繍作業

接着剤をシューズの裏側に塗っていきます。

ステップ6:吊り込み

ステップ6:吊り込み

できあがったアッパーを靴型(ラスト)にかぶせ、成型していきます。

ステップ7:ヒールシート

ステップ7:ヒールシート

ヒール(かかと)部分も、成型していきます。

ステップ8:接着前処理

ステップ8:接着前処理

接着剤を塗る前に、貼り合わせ位置の指示と、接着部をきれいにし、接着しやすくするために処理剤を塗ります。

ステップ9:接着剤塗布

ステップ9:接着剤塗布

アッパーと靴底部分の接着面に接着剤を塗っていきます。

ステップ10:圧着

ステップ10:圧着

圧着機を使用して、アッパーと靴底部分を接着します。

ステップ11:脱型工程

ステップ11:脱型工程

シューズの中に入れていた靴型を外します。

ステップ12:仕上げ

ステップ12:仕上げ

インソール(中敷き)や靴紐を通して、仕上げていきます。

ステップ13:製品検査

ステップ13:製品検査

完成した製品に不備がないか、最終検査を行います。

ステップ14:箱詰め

ステップ14:箱詰め

箱に入れて、完成です!

~シューズのトリビア~

山崎ランバード工場では、シューズは一日何足くらい作っているの?
一日およそ300足~350足のシューズを製造しています。
山崎ランバード工場では、主に陸上競技、野球のトップアスリートを中心としたシューズ製造や、MIZUNO1906(スニーカー)、ウォーキングシューズなどを作っています。

1足のシューズを作るのにどれくらいかかるの?
アッパー部分の製造でおよそ2週間。そこからシューズを成型するまで2~3日かかります。
※稼働日として

アッパー素材は何種類くらいあるの?
大きく分けて、「天然皮革」「人工皮革」「ナイロンツイル、メッシュ」の3種類です。
それぞれのシューズの用途に合わせて、適切なアッパー素材を使用します。

 

最新の記事

最新の発見隊記事

グラブ(グローブ)の簡単お手入れ方法とは?保革クリームの塗り方やニオイ対策・保管方法など、簡単お手入れ方法を甲子園にも出場した元高校球児が解説!