2019.12.18.

汚れたシューズをピカピカに!洗濯のプロに聞く、シューズの洗い方

 
  • 靴ってどうやって洗えばいいの…? 意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

    そこで、前回に引き続き、洗濯のプロフェッショナル、LIONのお洗濯マイスター大貫先生に、ランニングシューズやスニーカーの洗い方をお聞きしました!

  • ライオン株式会社 「お洗濯マイスター」:大貫 和泉 (おおぬき いずみ) 先生
    ライオンには、「オーラルケア(歯とお口の健康について)」「ヘルスケア(からだの衛生・健康、美容について)」「お洗濯」「リビングケア(すまいの清潔について)」の4つの分野で、研究キャリアと専門知識を持つ暮らしのマイスターがいます。
    大貫先生は、「お洗濯マイスター」として、日々のお洗濯に役立つ情報を発信しています。

【ランニングシューズやスニーカーの洗い方】

■準備するもの:ブラシ、洗剤、バケツ、40度くらいのぬるま湯、メラニンスポンジ、ハンガー

①まずは素材をチェック!
シューズの素材をチェックします。素材が布製のものであれば、洗濯できます。天然皮革や合成皮革のシューズは洗えないので注意してください。

②シューズについた泥を落とす
シューズについている泥をブラシで落とします。湿った泥がついている場合は、乾かしてから落としましょう。

<>
紐がついているシューズは、洗う前に外しておきます。

④40度くらいのぬるま湯に液体洗剤を入れて、ブラシでこする
2Lくらいのぬるま湯に、洗濯用液体洗剤を適量(超濃縮液体洗剤の場合2g=小さじ1/3程度)入れて、溶かします。シューズを洗剤液にいれて、ブラシでこすります。ソール部分の頑固な汚れは、メラニンスポンジを使うと落ちやすいです。

■ニオイや汚れが目立つ場合

30分~2時間くらいつけおきしてから、ブラシでこすりましょう。

⑤きれいな水ですすぐ
ブラシでこすりながら、きれいな水で十分にすすいで、洗剤を落とします。

⑥水分を取る
その後、乾いた布でシューズを包んで全体の水分を取ります。

⑦シューズを干す
シューズの形を整え、陰干しします。肩の部分を曲げた針金ハンガーにつま先をかけて干すと、乾きが早くなります。

☆ポイント
泥汚れを落とす際、「軽く水洗いで泥を落としてから、、」という方が多いかもしれませんが、実は逆効果。先に水につけてしまうと、元々衣類の繊維の中まで入っていなかった泥まで繊維の中に入り込み、泥汚れが落ちにくくなってしまうそうです。最初の水洗いはせず、ブラシで汚れを落とした後は、洗剤液でこすりましょう!

 

■洗剤と水の繊維に染みこむ泥汚れの違い 

(提供:ライオン株式会社)

最新の記事

最新の発見隊記事

生まれ変わった「MIZUNO TOKYO」、「スポーツショップ=アスリート向け」を変える仕掛けとは?