2018.11.16.

初めてのサッカー観戦でも安心!名古屋グランパスに聞くスタジアム観戦の楽しみ方(基礎編)

 

今回のミズノ発見隊は、サッカー観戦の魅力についてお伝えすべく、名古屋グランパスさんにご協力いただきました。スタジアムでの観戦経験がない方も、行ってみたくなること間違いなし! 初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。「基礎編」では、グランパスの広報を務める奥田一惠さんにお話をうかがい、スタジアムに行く前に知っておくべき情報をお聞きしました。

■まずはチケットを購入!

――チケットは当日に購入することができるのでしょうか?
奥田 前売りチケットが完売となっていない場合であれば、スタジアムで購入することが可能です。ただ、チケットは事前に購入される方が多いですね。事前購入の方法はWEB購入、コンビニ等の店頭購入、電話購入と3つありまして、WEB上で購入される割合が最も高いです。WEB購入の場合は、QRコードでのスタジアム入場が可能となるので、本当に手軽です。以前は紙でのチケット発券が主流だったのですが、現在は観戦者の約7割がQRコードを利用して入場しています。

(引用元:http://nagoya-grampus.jp/ticket/howtobuy/qrcode.html

――スタジアム到着後は、先に入場を済ませる方が多いのでしょうか?
奥田 自由席の場合は、ご自身の観戦する座席を先に確保する方が多いと思います。指定席であればご都合に合わせて入場していただけるので、初めて観戦される方は指定席の購入がオススメですね。試合当日のスケジュールを立てやすいですから。自分の席が確保されている安心感があるので、スタジアムで開催されているイベントを存分に楽しむことができると思います。

■スタジアムイベントを楽しもう!

――試合当日、イベントは何時頃から開催されているのでしょうか?
奥田 開始時間は試合会場によって異なります。パロマ瑞穂スタジアムの場合はキックオフの3時間半前から、豊田スタジアムの場合は4時間前からイベントを開催しています。

――オススメのイベントを教えてください。
奥田 やはり選手と触れ合えるイベントがオススメです。ファン・サポーターの方に人気のイベントの一つで、試合開始の約1時間前に選手握手会を実施しています。また、ファンクラブ会員限定の企画として選手撮影会等も行っているので、ぜひ参加していただきたいです。ご家族でお越しの方にはキッズパーク(豊田スタジアム開催時限定)がオススメです。キックターゲットをはじめ様々なゲームを行っているので、お子さんにも楽しんでいただけると思います。観戦を楽しむという意味では、フェイスシール体験会の人気も高いです。グランパスのユニフォームやエンブレムがデザインされたフェイスシールを無料でつけることができるんですよ。“ファン・サポーターとしての雰囲気”をより楽しむことができると思います。あとはやはり飲食店ですね。人気メニューの「諭吉の唐揚げ」や「富士宮やきそば」といった恒例のスタジアムグルメのほか、その日の対戦相手にゆかりのあるメニューも提供しています。アウェイの地に行けない場合でもご当地の味を楽しむことができますし、アウェイチームを知るきっかけにもなると思います。

――女性に人気のスタジアムイベントはありますか?
奥田 SNSで発信できるフォトスポットは人気ですね。スタジアムに設置している選手パネルと一緒に撮影される方が多いんですよ。また、資生堂さんとのコラボ企画として実施しているグランパス公式応援メイク「グランメイク」に参加される方も多いです。プロによるメイクを手軽に体験することができるので、ぜひ参加していただきたいです。

■オススメの着席時間や観戦時の注意点

――着席にあたり、オススメの時間帯はあるのでしょうか?
奥田 キックオフ時間の45分前頃ですね。選手たちがウォーミングアップのためにピッチに登場するんですよ。試合前の練習風景や選手たちの表情を見ることができます。また、キックオフの10分前には選手紹介が行われ、選手の入場前には「GLAP」というグランパス特有の手拍子を実施します。タオルマフラーがあれば選手入場時に掲げることができるので、試合前に購入しておくといいかもしれません。キックオフを前に、スタジアムのボルテージが一気に上がる瞬間、スタジアムが一体となっていく様子を体感することができるので、45分前頃の着席がオススメですね。

――観戦時の注意点はありますか?
奥田 瓶や缶、601ml以上のペットボトル、ホイッスルのような音の出るものはお持ち込みできません。また、皆さんの安全を考え、ピッチへの物の投げ込みは禁止させていただいています。

■女性必見のスタジアムイベント「ガールズフェスタ」を開催

――「ガールズフェスタ」のように、グランパスは定期的に大きなスタジアムイベントを実施しています。
奥田 そうですね。基本的にはゴールデンウィーク、夏休み、秋を目処に開催しています。イベント自体は前年の段階から企画しておき、リーグ戦の年間スケジュールが発表されるタイミングで実施日を確定するんです。その後は細かく内容を詰めていき、チケット販売に合わせてプロモーションを実施していく、という流れですね。

――「ガールズフェスタ」はどういった経緯で実施が決まったのでしょうか?
奥田 クラブとして「女性の来場者数を増やしたい」という意向がありました。グランパスを応援していただいているファン・サポーターの男女比を見ると、女性の割合が高いとは言えませんでした。そこで、これまでグランパスの試合を観たことがない女性にとって、スタジアム観戦をする一つのきっかけになればと思い、開催に至りました。

――実際にどのような企画を実施したのでしょうか?
奥田 最も大きな取り組みだったのが、ガールズユニフォームの配布です。初めて観戦する際、クラブのグッズを買うにもユニフォームを購入するハードルってすごく高いじゃないですか。それならいっそのこと来場される女性の皆さんに配布し、皆さんが“サポーターであること”を感じられるユニフォームをプレゼントしてしまおうと。「ユニフォームをもらえるから行ってみよう」という動機の一つにもなりますし、今後の観戦時にも着用することができるため再びスタジアムを訪れるきっかけにもなります。すでに観戦経験のあるファン・サポーターの皆さんにアプローチする上でも、効果的な企画になったと思います。その他の取り組みとして、トークショーの開催やフォトスポットの設置、女性向けのお弁当やスイーツの販売など、多くの企業さんのご協力のもとで様々な企画を実施しました。これまでに比べ、「ガールズフェスタ」当日における女性の来場比率が高かったという結果も出ているので、良かった点と改善点を精査して、次回以降のイベントにつなげていければと思っています。

――今後はどのようなスタジアムイベントの実施を考えていますか?
奥田 これまでは試合日のスタジアムをどのように盛り上げていくかに注力してきましたが、今後は試合日の前後で街全体が盛り上がるようなイベントを開催していきたいと考えています。そうすることで、サッカーに興味を持つ方をもっともっと増やしていけると思いますし、「街を挙げてグランパスを盛り上げていこう」という気運が高まると思います。「この街にグランパスがあること」を身近に感じていただくためにも、今後はスタジアムを飛び出して皆さんに楽しんでもらえるようなイベントを実施していきたいと考えているので、注目していただけたらうれしいです。

次回の「スタジアムイベント編」では、名古屋グランパスの“ガチサポ”として知られる池永百合さんが試合会場で行われているイベントの魅力をお伝えします。お楽しみに!

最新の記事

最新の発見隊記事

知ってる?色々なスポーツのルール・トリビア ~近代五種編~