2018.08.09.

スポーツの思い出をきれいに残そう!!
三浦大輔さんが聞く、ビデオカメラの上手な撮り方

 
  • 三浦大輔さん
  • 炎天下で白球を追いかける球児の姿が思い浮かぶ今日この頃。プロで大活躍したあの選手も、同じく白球を追いかけていた時がありました。今回のミズノ発見隊の企画は、なんとハマの番長こと元横浜DeNAベイスターズ投手の三浦大輔さんが発起人です!

とあるイベント終了後の控え室にて雑談をしていたところ、三浦さんから思いもよらぬ依頼が。
「三浦さんが野球少年だった頃の画像って残っているんですか?」との何気ない問いかけに、ほとんど残っていない、と回答。わずかに残っている映像も「手振れもあり、何を撮っているのかわからない。画質も良くない」とのこと。「いま野球をやっている子どもたちも、その親も映像で残せると何度も見返すことができ、またプレーの成長の記録としても価値がある」と口調も次第に熱を帯びてきたのです。そして、「野球を支え、選手を支えるミズノには、その親も支えてほしい!」と。

この依頼に応えていただくのは・・・

  • 三浦大輔さんとソニーマーケティング株式会社の北村いつかさん
  • 今回、この依頼を解決すべく、ご協力いただいたのは、ソニー様です。さらに驚くことに、三浦さんご本人が『ビデオカメラの上手な撮り方』を皆さんにお伝えすべく、ソニーを訪問してくれました!お答えいただいたのは、ソニーマーケティング株式会社の北村いつかさんです。

教えていただいたのは、まず撮影の基本として、カメラの持ち方・構え方、構図のとり方やメリハリのつけ方です。そして、より実践的な撮り方として、ピッチャー編とバッター編と、野球の代表的なシーンに絞って教えていただきました。

ボールを追うな!ボールの行方は引きの画で撮ろう!

ポイントは、まず投げる方向や打つ方向に余白を作ること。そうすることで全体的な圧迫感が解消されます。そして最大のポイントは、ボールの動きをカメラで追わないことです。

例えば、打球につられてカメラを動かしてしまうと、結局ボールを捉えられず何を撮っているかわからなくなってしまいます。打った瞬間にカメラを引いて広い画に切り替えましょう。そうすることで全体的な動きが映せるので、ボールが飛んだ方向や、それぞれの選手の動きが把握できます。打ったバッターがベースに着いたときアップにすれば、表情が捉えられるのでバッターの一連の映像が残せます。

番長も納得の『ビデオカメラの上手な撮り方』をチェックしよう!

今回教えていただいた『ビデオカメラの上手な撮り方』は、こちらの動画にまとめてありますので是非ご覧ください。動画の最後に三浦さんから皆さんへのメッセージも収録されています。
思い出や成長の記録をきれいに、そしてたくさん残すために皆さんも是非実践してみてください!!

【ポイントまとめ】

~基本編~
① 持ち方:ビデオカメラのベルトをしっかり締める
② 構え方:肩幅に足を開き重心を安定させる
③ 構図:打つ、投げる、走る方向に空間(余白)を置く
④ メリハリ:引きの画とアップの画を使い分ける
~実践編~
① 打つ方向、投げる方向に空間(余白)を置く
② 打った瞬間はボールを追わずカメラを引いて広角に
③ バッターがベースに着いたらアップで表情を収める

最新の記事

最新の発見隊記事

部活生必見! 真夏のトレーニングにおすすめの暑さ対策アイテム