2018.06.04.

メンタルトレーニング:「集中力を高めるレッスン」をやってみよう。

 
メンタルトレーニングイメージ

前回は「どうしたら集中できるようになる?」にお答えしましたが、今回は「集中力を高めるレッスン」をやってみましょう。

それでは、ぼんやりと意識を向けている「consciousness」の段階から、注意を向けている「attention」の段階にステップアップし、集中した状態に近づける練習をしてみましょう。

用意する物は何もありません。

椅子に腰掛けるか、 あぐらをかいてお座りいただき、静かに呼吸に注意を向けます。

今回は練習ですので、座り方や呼吸の仕方は、ご自身が心地の良い方法で構いません。

3分間ほど、静かに目を閉じて、「呼吸だけ」に注意を向けます。

もしかしたら、途中で意識の矛先がずれ、集中が妨害されるかもしれません。
そのときは「意識の矛先がずれた」ことに気づき、呼吸に注意を向け直してみて下さい。

では、実際にスマートフォンなどで、ストップウォッチ機能を用意して取り組んでみましょう。

それでは、どうぞ。

いかがでしたか? 3分間、呼吸だけに意識を向けることができたでしょうか?

実際に取り組んでみると、意外と集中力が保てないことに気がついたかもしれません。
呼吸に注意を向けよう! と考えていたのに
「今日のご飯は何だろう?」
「あの人にメール返さなきゃ」
「あのドラマの続きはどうなってるんだろう」
と意識の矛先は、どんどんと違うところに向いてしまいます。

意識が呼吸ではなく、違う所に向かってるなと自分で気づいたら、再び呼吸に集中する。
これを繰り返して、意識散漫になっても直ぐに「軌道修正=今やるべきことに集中」できるようになります。

技術のトレーニングと同じように、集中力もいきなりみにつくものではなく、意識して取り組むからこそ自分の力となります。

是非、普段の練習などに加えてみてください。


みなさんから藤代メンタルコーチに聞いてみたいことはありませんか?指導者の方でも選手でも親御さんでも結構です。「○○なときはどうすればいい?」など質問をお待ちしてます。

 

最新の記事

最新の発見隊記事

初めてのサッカー観戦でも安心!名古屋グランパスに聞くスタジアム観戦の楽しみ方(基礎編)