2019.07.09.

足裏に着目したトレーニングシューズ「TC-01」バランス能力向上にオススメ

これから暑い季節が到来。外で運動するのが厳しくなりますね。
室内でトレーニングする際のシューズって、皆さんどうしていますか?
7月10日に新発売になるトレーニングシューズ「TC-01」のメディア向けの記者発表がありました。

この「TC-01」は、足裏の感度を高め、バランス能力向上を追求したトレーニングシューズ。ソール部には、足裏に正確な情報を伝達する凹凸構造「MIZUNO COB(ミズノコブ)」を搭載し、アスリートのパフォーマンスで重要とされる“バランス能力”の向上を目的にした設計になっています。
「足裏感度」と呼ばれる足裏の感覚を高めることは、トップアスリートから運動不足の人まで、運動能力向上に効果的という。

そしてこの発表会に、な、なんと、ミズノブランドアンバサダーを務める、スキージャンプの葛西紀明選手(土屋ホーム)が来てくださいました!

「TC-01」の着用感を聞かれた葛西選手は、「多くのスポーツシューズは、すばやく動くために軽量性を重視しています。 このシューズは決して軽くはなく、ほどよく重さを感じると思いますが、これでトレーニングを行うと、軽いシューズの場合よりもカラダのバランスが取りやすいんですよ。そして何より、立ち姿勢をとった時の足裏感覚がすごくフラット。足裏全体に体重をしっかり乗せることができ、裸足で地面に立つような 感触を得られるんです」と語りました。(*個人の見解であり、効果には個人差があります。)

運動を始めたいと考えている人にこそ、オススメしたいシューズです。
独自構造のソールを採用したこのシューズ。
ぜひジムでの基礎的なトレーニングシーンで着用し、バランス向上を図ってください!

▼特設ページ

阪神タイガースファンの笹木香利さん

▼オンラインショップ

  • TC-01

  • TC-02

最新の記事

最新の発見隊記事

国際大会で導入されている器具を製作するセノーの工場に行ってきた!