松岡修造さんの“裏と表”の両方を見ちゃいました!

こんにちは、発見隊のみねちゃんです。今回もおもしろいところに取材に行ってきましたので、レポートしたいと思います。

今年8月に発売になったミズノのウォーキングシューズ『LD40 IV』のプロモーションビデオが10月3日~9日に、店頭とJRのトレインチャンネルで公開。さらには10月から東京、大阪、名古屋の主要駅で試し履きの体験もできるようになるのだとか。その記者会見に、ミズノ・ブランドアンバサダーで、熱き男、松岡修造さんが登場。今回は報道陣以外にもクラブミズノ会員から19人の一般の方々が参加しました。

  • そしてわれらが「はっけん君」も同席。

イベントが始まり、司会者の誘導で松岡修造さんが登場すると、会場は急に温度が上がったような。会場の後ろの扉から現われ、なんと会場内を一周するというサービス精神!まさにテレビで見るこれぞ表の顔! ぴしっと伸びた背筋、スムーズなウォーキングには思わず会場中の人がほれぼれ……。
そのウォーキング姿を見て、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の川上泰雄先生も大絶賛。そしてお二人のトークセッションがスタートました。

 
川上先生
「すばらしいウォーキングです!上半身が安定していて胸がまっすぐに前を向いていて、体の軸がしっかりしているから脚がきちんと動いていてすばらしい歩き方です。
松岡さん
僕が歩くうえで意識していることはまさに姿勢を正すこと。それに、現役時代に膝を傷めているから、ふだんの生活のなかでの歩きでは、できるだけ負担のない歩き方をいろいろ試しながら、自分に合うフォームを探しています。だけど試合に負けたりすると、ついしょんぼりした歩きになってしまうんですよね……」
川上先生
姿勢そのものは考え方に大きく関係するんですよ。しょんぼりしていると、どんどん落ち込んだマインドになってしまうんですよね。だから姿勢は歩くうえでも、気持ちのうえでも非常に大切なんですよ。」

川上先生と松岡さんのお話しが盛り上がったところで、次は一般参加のクラブミズノ会員の3人からの質問に松岡さんが回答し川上先生がアドバイス!

森下さん
「去年着られたスーツが今年着られなくて……。去年に比べて運動も回数が減ったのに食べてばかりで体形が変わってしまったんです。」
松岡さん
「運動を習慣にすればいいですよ。わざわざではなく日常の中で積み重ねていくことが大切。エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うとか。でもキツイと思ったときがやり時!例えばね、筋トレって始めたころは全然きつくないんです。回数や頻度を増やしていくうちに、キツイと思うようになるんですが、そこが大切で体が変わろうとしているとき。だから疲れていて階段を使いたくないな、というときこそ、階段を使いましょうよ。脳はね、“いやだな、難しいな”と思っているとき、実は脳は喜んでいるんです。そんなとき前向きにスマイルウォーキングをするのがおすすめです。
茂藤さん
「飲み会のあとのラーメンがやめられず、困っています。」
松岡さん
「ラーメンが好きなら食べればいいと思うんですよね。でもそのあと帰宅してすぐに寝るのはだめ。飲んでラーメンを食べると気持ちが満足して、歩くのも苦にならないでしょ。その快感を利用してラーメンを食べたら歩く、このセットで考えるくせをつけるのはどうでしょうか!
川上先生
「歩くときは大股で腕をしっかり振って歩くとさらにいいですよ。」
  • 北川さん
    「普段自転車はよく利用するのですが、歩くことはほとんどしません。そのうえ食欲が全く落ちなくて、体重が気になります。」
    松岡さん
    「日常のなかで、まめに歩く時間をつくることをおすすめします。僕がねもう10年以上やっている『くいしん坊!万才』という番組は、収録と収録の間が2時間あるんです。だからお腹いっぱい食べても、その2時間の間、歩くことにしていて。だから次の収録もちゃんとお腹が空いて臨めるんですよね。」
    川上先生
    まめに歩いて、1日の運動のトータル時間を伸ばすのはとてもいい考えです。
 

本当にスタイルのいい松岡さん。48歳にしてあのスタイル!どんな風にキープしているのか多くの人が知りたいはず。そこで松岡さんのスタイルキープの裏技を聞いてみると、

  • “脳裏ウォーキング”

    松岡さん曰く、自分の体を動かすのは脳からの指令。だから笑顔で、自分にあったフォームで歩くことを脳にちゃんと教えてあげれば、それが脳裏に焼き付いて、楽しく歩けて体にもいい!だから自分の脳に言い聞かせながら歩いているんだとか。

そしてわれら発見隊の単独インタビューにもこたえてくれました!

発見隊
「普段の生活の中で、どのようにウォーキングを取り入れているんですか?」
松岡さん
「本当に小さな積み重ねですよ。新幹線に乗るときもそうだし、ちょっとした移動もそう。歩くことと同じくらい大切にしているのは、とにかく姿勢を気にしています。背筋を立てるというよりは、浮いている感じで、“エアケイ”ならぬ、“エア修造”をイメージしています。
発見隊
「今回のLD40の履き心地は、今までのウォーキングシューズと比べて何がいちばんちがいますか?」
松岡さん
とにかく体重をうまく支えてくれて、長い時間履いていても楽なんです。ちょうどいい具合にフィットして、窮屈さもないし、足がぶれることもなく楽なんですよね。それにスーツなんかにも合わせやすいのでTPOを問わず、履けるのもいいですね。今年の夏は仕事でブラジルやアメリカにも飛びましたが、とにかくミズノのLD40で会場中を駆け回っていましたよ。 」
発見隊
「ウォーキング以外にスタイルキープのためにしていることはありますか?」
松岡さん
体幹トレーニングです。とはいえわざわざ時間をとってではなく、こうして座っている間も筋肉を意識したり丹田に力を入れて座ったり…。隙間時間でやっています。
  • 発見隊
    「ずばりメタボの人にいいたいことは?」
    松岡さん
    「もしメタボでも健康なら問題ないと思うんです。でも不健康だとしたら、それは自分の命を縮めていることになるので、絶対にだめ。ウォーキングはいつでもどこでもできるので、ぜひやってほしいです。はじめはわざわざかもしれないけれど、トレーニングではないのできつさはないはず。続けていけば、楽しくなるはずだから遊び時間だと思って続けてほしいですね。」

表の顔はご存知、熱き男、裏の顔は人知れず努力家なんですね。本日報道陣72人と大盛況のうちにイベントは終了。みなさん、松岡さんのファンになったに違いない! そして松岡さんのように、颯爽と歩けるようになりたいと多くの人が思ったことでしょう。