お父さん、お母さんの職場を見てみてよう!

こんにちは、発見隊の みーです。
夏休み終盤、ミズノ大阪本社でちょっと心温まるイベントが開催されたので取材に行ってきました!

それは「ミズノ社員のお子さん達が、お父さん、お母さんの職場を訪問する」というイベントです。職場訪問の前には、年齢別に「忍者教室」と「走り方教室」の2つの教室があり、教室終了後、お仕事を終えたお父さんやお母さんがお迎えに来てくれ、それぞれの職場を訪問するという流れです。

先ず教室の前に、ガイド役の人事総務部の芦野さんが、ミズノの歴史についてビデオで紹介してくれました。みんなとても興味を持って静かに見てくれていて、時には「へぇ〜」という声も聞こえてきました。続いて小学生の低学年チームの忍者教室。先ず私はこちらを見学。

近年、こどもの体力、運動能力が著しく低下していると言われています。ミズノでは幼少期に身につけておくべき「走る」「投げる」「飛ぶ」という基本的な動きを、運動が苦手な子供でも楽しく習得できる運動遊びメニューと運動能力測定を組み合わせたプログラム「ヘキサスロン」を開発し、小学校を始めとした各種施設での提供を開始しています。この「ヘキサスロン」の一環でもあるミズノ流忍者教室。みんな自作の忍者マークを頭に着け、忍者服を着せてもらい、語尾に「ござる」を付ける話し方から習いました。次に忍者走りをマスターしたら、さあ!修行開始!親御さんたちの想像を越える盛り上がり!忍者教室校長も汗だくでこどもたちと笑いながら修行に励んでくださいました。

高学年対象の走り方教室では陸上専門のトレーナーが指導してくれました。ストレッチから始まり、正しい姿勢での走り方、ももの上げ方、そして走る時に大切な、速い動きを身に付ける方法などを学びみんな最後には走り方がとてもカッコよくなっていました!

  • 充分楽しんだ後はみんな集合し、ミズノの社員であるお父さんやお母さんを待ちます。子供たちはとても嬉しそうですが、仕事を終えて子供の元に来たお父さんやお母さんは照れくさそうです。みなさん仕事を急いで終わらせて来てくれた感じが伝わってきました。

そんな温かいご対面をするみなさんの中で、一際目を引く親子が…。こちらのグローバルイクイップメントプロダクト部 クラブ・ボール開発課の土井さんファミリーです。土井さんのお子さんは双子ちゃんですが、なんとまぁ可愛らしい!小3のはなちゃんと、こころちゃんです。二人に走り寄られた瞬間、土井さんのキリッとしたお顔は一瞬にしてトロけてしまいました。親子のご対面の後は、お父さんやお母さんが仕事をしているフロアに移動して仕事風景を見学します。私は土井さんファミリーに同行させていただきました。パパの職場に来たのは二度目だそうです。

ミズノでは4年に一度、家族を職場に案内する日を設けているそうです。土井さんのお子さんに会った同僚の方たちも、はなちゃんとこころちゃんに会うのは4年ぶり。ずいぶん大きくなったことや、一層可愛らしく成長していることに話も盛り上がっていました。その様子を見ていた土井さんと同じ部署の独身の前中さん。みなさんがお子さんを連れて来ていらっしゃるのを見ていかがですか?と聞いてみたところ…「土井さんの新たな一面が見られました!」と、羨ましそう…。そうですよね、こんなにお子さんに愛されている姿!なかなかお仕事中には見られませんもの!

はなちゃんとこころちゃんに聞いてみました。

  • Q.パパのお仕事する姿を見て、どう思いましたか?

  • A.(照れながら)カッコイイ!

  • Q.お家でのパパはどんなパパですか?

  • A.カッコイイです!

  • Q.こんなにカッコイイ人は小学校にいますか?

  • A.(二人即答で)いません!

質問する度に愛があふれてきて、いつもの取材なら軽やかに口が動く私も、ただただ土井さんファミリーを見つめていました。

  • もう一組の親子、ロジスティック管理部 国際トレーディング課の富永さん親子にも聞いてみました。

  • Q.富永さんは今日はなぜこのイベントにお子さんを参加させようと思いましたか?

  • A.高学年(小5)になったので、社会にはたくさんの人たちが働いていて、母親も同様にたくさんの人たちと働いている感じを見てほしかったので。

  • Q.涼佑君、お母さんの職場に来てみてどうだった?

  • A.モノ作りが好きなので、たくさんの用具が見れて面白かった。

  • Q.涼佑君はお仕事をがんばるお母さんをどう思う?

  • A.色んな事を知っていて、教えてくれるので、働いているお母さんはカッコイイと思います。

ミズノの取材を始めて2年になりますが、環境保護やGメン、忍者学校、ハイブリットターフ等、多岐に渡る活動に毎回驚かされます。でも、今回のご家族の職場見学が一番のミズノの素晴らしい取り組みだな…と感じました。本社玄関フロアには、お父さんやお母さんと一緒に帰るたくさんの家族が見られました。

最新の記事

最新の発見隊記事

生まれ変わった「MIZUNO TOKYO」、「スポーツショップ=アスリート向け」を変える仕掛けとは?