子どもたちが自らディレクションする、ジュニアフットサル大会!

こんにちは、ミズノ発見隊のたかしょーです!

私が取材してきたのは、ミズノフットサルプラザ調布で開催された
『子どもたち選手が自分で考えて行動するフットサル大会』です。

今、サッカークラブや野球チームに所属している子どもは多いですよね。おそらくそこでは、監督やコーチや保護者の指導の下、練習や試合をしていることと思います。
しかしこの大会の趣旨は、名前からも分かるように『子どもたちが自分で考えて行動する』ということです。
メンバー決めから作戦も自分たちで!荷物の管理も自分たち。面白いところでは、活躍した選手にインタビューを行う機会もあったり、アトラクションポイントという勝ち点とは別の得点を設けるなどの工夫がなされていました。

私が一番注目した点は、メンタルトレーナーとして選手の目的達成をサポートする活動をしている藤代圭一さんが、大会の中で子どもたちにヒントを与えていくということでした。 色んなヒントがありましたが、中でも印象に残っているのは「Why(なぜ)じゃなくてHow(どのように)で考えてごらん」というものです。
壁にぶつかったときにWhyで考えると「なんで出来ないのだろう」となってしまいますが、Howで考えると「どうしたら出来るようになるだろうか」となります。
前者は不満がでますが、後者は解決策が見つかるそうです。

今大会の準備運動も普通の大会とは違います。
例えば、フットサル大会の準備運動とは思えないような大縄飛びや、フラフープくぐりをしました。

  • ↑お父さん完全にアウト~!(笑)

  • ↑フラフープってこんな使い方もあるんだね。

こどもたちは最初は連携が取れていませんでしたが、『How(どのように)』を用いて話し合う中で徐々にコツを掴んでいきました。それだけではなく、子どもたちが一緒に考えていく中で、より仲良くなっていく過程も見ることができました。

アップが終わると、子どもたちの眼は選手の眼へと変わり真剣そのもの。
さっきまでの和やかな雰囲気はどこにいったのだろうかと思うほど、真剣にコミュニケーションをとっていました。的確に課題を修正していく姿は小学生とは思えない立派なものでした。

前半戦が終わりハーフタイムに入っても、ベンチに監督やコーチの姿はありません。
子どもたちだけで選手交代や戦略の立て直しを行っていました。
より考える時間が増えるように、通常の大会よりもハーフタイムが長くしてあるのも、この大会ならではのポイントでした。
やはり、その時間を活かしてコミュニケーションを上手くとれていたチームは、後半の動きが格段に良くなっていたのです。いかに考えることが大事なのかは、試合が証明してくれたような気がしました。

  • ちなみに冒頭に書いた、アトラクションポイントとは写真のよう加点のことを指します。

  • ↑みんな一生懸命!学校のお勉強もこれくらいね・・・。

  • 藤代メンタルトレーナー、子ども取材陣に囲まれて楽しそう。

フットサル大会で勝ち点以外の得点が順位に関わってくるなんて珍しいですよね!
子どもたちはその得点をとるために、楽しみながら頑張っていました。

  • 照れくさそう(笑)

  • MVPは誰の手に!?

最初は集団で行動していた子どもたちでしたが、次第に一人でも行動する子どもが増えていきました。
自分で考えるというのは一日だけで習慣化されるものではないとは思いますが、今大会を通して、一人一人の成長を見ることができました。大会が終わっても、日々の練習や生活の中で『自分で考える』というのを忘れないで欲しいと、取材をしながら感じました。
保護者やコーチも子どもたちの変化に気付いたようで、大会に出て本当に良かったと仰っていました。

そして、あるお母さんが子どもを抱きしめながら褒めているのを見て、「あぁ、こういうのいいなぁ...。」なんて、ほのぼのしながら見てしまいました。

大会も終わり、最後は記念撮影!
みなさんとっても楽しそうでした!

たった一日の大会にこんなに多くの要素がつまった大会は他にはないと思います。 この記事を読んでくださったコーチや保護者の方!第三回大会があれば、ぜひ出場をご検討くださいね!

最新の記事

最新の発見隊記事

ミズノの野球女子、フルート奏者を発見!