2019.03.01.

ミズノのものづくりを支える国内工場~Made in Japanはここから産まれる~ ミズノテクニクス(株)波賀工場編

 

ミズノグループにはスポーツ用具のものづくりに特化した会社「ミズノテクニクス株式会社」があります。

この会社には国内工場が4拠点あり、ゴルフクラブや野球用バット、ラケット等のスポーツ用具を扱う養老工場、陸上シューズ、野球用スパイク等を作る山崎ランバード工場、野球用グラブを作る波賀工場、冬季競技用ウエアや野球のユニフォームを作る氷上工場があります。

今回は、そのひとつである兵庫県宍粟市波賀町にある「ミズノテクニクス(株)波賀工場」を紹介します。

ミズノテクニクス(株)波賀工場の地図
  • ここでは、野球グラブやミットの製造、海外生産品の管理、グラブ用皮革を使用したアクセサリー品の製造、グラブやミットの修理サービスなどを行っています。加えて、メジャーリーグや日本プロ野球で活躍する選手たちのオリジナルグラブやミットの製造も行っています。
    ミズノの野球用品を支える工場が、「波賀工場」なのです。

  • ミズノテクニクス(株)波賀工場の外観写真

波賀工場から産まれた日本製の野球用品は、多くのクラフトマンによる手作業の工程を経て、製造されています。

  • クラフトマンによるグラブ作り
  • クラフトマンによるグラブ作り
  • クラフトマンによるグラブ作り

~ミズノのものづくり動画~
野球グラブができるまで

ミズノでは、技術の継承と後継者の育成を目的に「クラフトマン技能資格制度」という社内制度があります。クラフトマンは、技術を磨き、より良いスポーツ製品を世に送りだそう、と切磋琢磨しています。
この制度の中で最高峰資格を「マイスター」と呼び、ミズノテクニクス㈱の全社員が約400名の中、たった3名だけがその称号を獲得しています。そのひとりが、この波賀工場にいます。「マイスター」の資格を取れるのは、本当に狭き門なのです。

  • 「ハガクラフティッド」という名称のついたグラブは、この波賀工場で作られている野球グラブ
  • ちなみに、「ハガクラフティッド」という名称のついたグラブは、この波賀工場で作られている野球グラブになります。

日本メーカーであるミズノは、創業者水野利八の言葉である「ええもん作んなはれや」という精神を大切に、これからも“ものづくり”に精進していきます。

HAGA FACTORY

最新の記事

最新の発見隊記事

ミズノのものづくりを支える国内工場~Made in Japanはここから産まれる~ ミズノテクニクス(株)山崎ランバード工場編

関連コンテンツ

  • DIAMOND CRAFTS~ダイアモンドクラフツ~