自分に合ったポジションを探す
  • 1番 PG
  • 2番 SG
  • 3番 SF
  • 4番 PF
  • 5番 C

自分に合ったポジションを探す

ガード

他の選手に指示を出すなどゲームをコントロールする重要な役目のポジションです。ガードのポジションのなかでも、得意とするプレーによって「ポイントガード」や「シューティングガード」など役割が分かれます。

1番 ポイントガード[PG]的確な指示と判断力で勝利へと導く司令塔

パス/ドリブルのレベルが高く、視野の広い選手がこのポジションをこなします。「1番」や「リードガード」とも呼ばれます。「コート上のコーチ」と呼ばれるほど、試合の司令塔的な役割が求められます。

必須スキル

ドリブル力 / ディフェンス力

2番 シューティングガード[SG]守備と攻撃どちらもこなすマルチプレイヤー

3ポイントシュートなどの長い距離のシュートを得意とし、得点を稼ぐ役割を担います。そのため、ガードのポジションに求められる、ドリブルやパスの技術や判断力に加え、シュートの正確さも求められます。
「2番」や「オフガード」と呼ばれることもあります。

必須スキル

ディフェンス力 / シュート力

フォワード

点を取ることが求められるポジションです。アウトサイドシュートやドリブルシュート、リバンドなど得点に関わることなら何でもこなす技術が必要とされます。

3番 スモールフォワード[SF]メンバーをサポートする頼れる存在

速攻プレーを得意とする選手やロングシュートを得意とする選手など、選手によって得意とするプレーが異なりますが、得点を取ることが求められるポジションなので、総合的なバスケット技術が求められます。また、多くのスモールフォワードの選手がシューティングガード(SG)を兼任しています。「3番」と呼ばれます。

必須スキル

瞬発力 / ドリブル力

4番 パワーフォワード[PF]高い技術力でチームを引っ張るオールラウンドプレイヤー

センターフォワードとも呼ばれるポジションで、スモールフォワードの選手と比べてよりも身長が高く、体格のよい選手が務めます。ゴール下でのリバウンドなど、ボールをキープする力強いプレーが求められるほか、ロングシュートの技術や速攻に活かせる走力・瞬発力も求められます。「4番」と呼ばれます。

必須スキル

瞬発力 / ドリブル力

センター

ゴール下でのシュート・リバウンドを担うためチームの大黒柱的な存在。できるだけ高い身長とジャンプ力、そして相手に当たり負けしないパワーが必要とされます。

5番 センター[C]ゴール下を制するチームの守護神

リバウンドやスクリーンプレイなど、ゴールに最も近い位置でのプレーが中心となるため、基本的にはチーム内で一番身長の高い選手やジャンプ力の高い選手が役割を果たします。ディフェンスの要となる役割で、「5番」と呼ばれることもあります。

必須スキル

瞬発力 / ドリブル力

Check!

バスケットボールのエースナンバーは?

「4番はチームを引っ張るキャプテン番号」

サッカーのエースナンバーが10番と知られているように、明確な取り決めとまではいえませんがバスケットボールの背番号にも意味があり、なかでも背番号4番はチームを引っ張るキャプテン番号として認知されています。
また、バスケットボールの背番号が4番から始まるのには、審判の反則や指示を出すジェスチャーが指を3本まで立てることから混合することを避けるため、ルールとして決められているのです。

  • 前のステップ
  • 次のステップ
一覧ページに戻る