スイングトレーサー解析例

計測

スイングを計測するには、事前にCLUB MIZUNO及びスイングトレーサーの登録が必要です。
1
初期画面から「スイング」をタップしてください。
2
「計測」をタップし、設定画面で下記を設定します。
  • ● 置きティーか投げティーかフリーバッティングか
  • ● 右打ちか左打ちか
  • ● コース
  • ● バット

詳しくは計測準備のページを御覧ください。

  • ● 衝撃を感知することで数値を測定するため、実際にボールを打つ必要があります。
  • ● 単発計測は1スイング毎に計測結果を表示します。
  • ● 連続計測は最大20スイングまで、計測結果画面を表示しないまま連続で計測が可能です。
3
「計測」をタップし、設定画面で下記を設定します。

単発計測:ボールを打つ毎に計測結果の画面を表示します。
連続計測:一打毎に計測結果画面を表示せず、20球まで計測し続けます。

4
「計測」をタップし、設定画面で下記を設定します。

単発計測:ボールを打つ毎に計測結果の画面を表示します。
連続計測:一打毎に計測結果画面を表示せず、20球まで計測し続けます。

5
「計測」をタップし、設定画面で下記を設定します。

単発計測:ボールを打つ毎に計測結果の画面を表示します。
連続計測:一打毎に計測結果画面を表示せず、20球まで計測し続けます。

6
「計測」をタップし、設定画面で下記を設定します。

単発計測:ボールを打つ毎に計測結果の画面を表示します。
連続計測:一打毎に計測結果画面を表示せず、20球まで計測し続けます。

7
計測に失敗した場合は、もう一度「3」の画面で開始をタップしてください。

計測に成功したらスイング軌道のイラストが表示されます

1
データボタンをタップすると8つの計測データが表示されます。
2
「視点切替」ボタンで軌道イラストの視点が切り替わります。

また、画面をスワイプすることで、軌道イラストの視点を任意の角度に変えることができます。
画面左下の矢印をタップすると、アニメーションが再生されます。
また、このアニメーションは途中で止めることも可能です。
指導者からのコメントがあるスイングデータは、コメントのマークが白塗りで表示されます。

3
「比較する」でプレーヤー同士のデータやプロのデータと比較することができます。
4
コーチ用アプリで各選手のデータを見る際には、それぞれのスイングにコメントを入れることもできます。
2
連続して計測する場合は左下の「再計測」をタップください。

※振っているうちにセンサがずれる場合がございます。正しい計測ができなくなるため、センサが真ん中からずれていないかご確認ください。