なぜ水の中がいいの ?

水中運動がもたらす4つの効果

【1】水圧はスッキリボディの味方

水中では水深が深くなるほど水圧も大きくなるため、下半身から心臓へと戻る血液の循環が自然と良くなります。血行が良くなることで、身体のむくみ予防にもなります。

【2】オリジナル強度の設定が可能

水の中で手を動かすと、水が手を押し戻そうとするのを感じるはず。それが抵抗です。抵抗は動きが速いほど大きく、ゆっくり動かすと小さくなります。そのため水中運動は適度に負荷をコントロールしながら、自分のペースで運動を続けられます

【3】浮力のおかげで初心者にも優しい

陸上でジャンプすると着地の際に体重の2~3倍もの負荷が膝にかかりますが、水中では体重が陸上の10分の1程度(首までつかると)のため負荷が減少。身体への負担が少なく徐々に筋力がつけられます。また水に浮いているだけで筋肉がリラックスし、リラクゼーション効果も期待できます。

【4】水温は脂肪燃焼の味方

人間の身体は水中で急激に体温を奪われます。それに対し身体が脂肪を燃焼し、体温を維持しようとするため、高いシェイプアップ効果が期待できます。また運動で上昇した体温を水が下げてくれるため、長時間運動を続けられるのもメリットです